コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリッチオ 〈イタリア〉capriccio

大辞林 第三版の解説

カプリッチオ【capriccio】

〔気まぐれの意〕
形式が一定せず自由な機知に富む小品。狂想曲。奇想曲。カプリチオ。カプリース。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリッチオ
かぷりっちお
capriccioイタリア語
capriceフランス語

西洋音楽の楽曲名。綺想(きそう)曲と訳される。特定の音楽技法や形式よりも、この名称の本来の意味である「気まぐれ、移り気」な性格を強調した作品。17世紀の場合は対位法に基づく器楽曲だが、主題に当時の流行歌や「カッコウ」の音型が用いられ、テンポや拍子が頻繁に変化する(フレスコバルディ)。18世紀に現れたロカテッリおよびパガニーニの『24の綺想曲』は、自由奔放な楽想の展開と華麗な名人芸の披露という点で、当時のバイオリン音楽ばかりでなく、作曲家にも衝撃を与えた。19世紀には、ピアノ小品(ブラームス)や民族的色彩をもつ管弦楽曲(チャイコフスキーの『イタリア綺想曲』)、さらにはR・シュトラウスの同名のオペラ(1942初演)まで多種多様な作品が存在する。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カプリッチオの関連キーワードフレスコバルディフローベルガーアドリビトゥム奇想曲・綺想曲カプリチオロカテッリ綺想曲奇想曲狂想曲小品機知

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android