コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリッチオ カプリッチオ 〈イタリア〉capriccio

3件 の用語解説(カプリッチオの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カプリッチオ(〈イタリア〉capriccio)

カプリッチョ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カプリッチオ【capriccio】

〔気まぐれの意〕
形式が一定せず自由な機知に富む小品。狂想曲。奇想曲。カプリチオ。カプリース。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリッチオ
かぷりっちお
capriccioイタリア語
capriceフランス語

西洋音楽の楽曲名。綺想(きそう)曲と訳される。特定の音楽技法や形式よりも、この名称の本来の意味である「気まぐれ、移り気」な性格を強調した作品。17世紀の場合は対位法に基づく器楽曲だが、主題に当時の流行歌や「カッコウ」の音型が用いられ、テンポや拍子が頻繁に変化する(フレスコバルディ)。18世紀に現れたロカテッリおよびパガニーニの『24の綺想曲』は、自由奔放な楽想の展開と華麗な名人芸の披露という点で、当時のバイオリン音楽ばかりでなく、作曲家にも衝撃を与えた。19世紀には、ピアノ小品(ブラームス)や民族的色彩をもつ管弦楽曲(チャイコフスキーの『イタリア綺想曲』)、さらにはR・シュトラウスの同名のオペラ(1942初演)まで多種多様な作品が存在する。[関根敏子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプリッチオの関連キーワードカプリッチョ狂想曲アカプリッチョカプリパンツカプリコミニ序奏とロンド・カプリッチョーソ24のカプリッチョメンデルスゾーン:ロンド・カプリッチョーソ ホ長調/piano soloメンデルスゾーン:華麗なカプリッチョ ロ短調/piano soloカプリオール (capriole)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプリッチオの関連情報