コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミソリウオ カミソリウオ Solenostomus cyanopterus

2件 の用語解説(カミソリウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミソリウオ
カミソリウオ
Solenostomus cyanopterus

トゲウオ目カミソリウオ科の海水魚。全長 17cmになる。体は細長く,頭も体も著しく側扁する。吻は長い。腹鰭は長くて大きい。体色は緑色,淡紅色,褐色など変異が著しい。沿岸の岩礁域やサンゴ礁域の砂底や藻場にすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カミソリウオ
かみそりうお / 剃刀魚
[学]Solenostomus cyanopterus

硬骨魚綱ヨウジウオ目カミソリウオ科に属する海水魚。インド洋および西太平洋の熱帯域に分布し、日本では千葉県以南の南日本でまれにみられる。全長15センチメートルになる。体は扁平(へんぺい)で、吻(ふん)は管状に伸び、その先端に口がある。背びれは棘条(きょくじょう)からなる第1背びれと軟条の第2背びれに分かれる。腹びれは大きく、雌では卵を保護する育児嚢(いくじのう)となる。岩礁域の藻場で雌雄がいっしょにいることが多く、通常は頭を下にした逆立ち状態で泳ぐ。動きはあまり活発でなく、海藻の破片のようにみえる。近縁のフウライウオ、ノコギリフウライウオとは尾柄部(びへいぶ)が短く、背びれや臀(しり)びれの後端が尾びれにほぼ接することで区別される。[吉野哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カミソリウオの関連キーワード飛魚胡瓜魚鷺笛蝶蝶魚棘魚針魚楊枝魚団子魚カミソリウオ(剃刀魚)トゲウオ(棘魚)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone