コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメノコハムシ カメノコハムシ Cassidinae; tortoise beetle

4件 の用語解説(カメノコハムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメノコハムシ
カメノコハムシ
Cassidinae; tortoise beetle

甲虫目ハムシカメノコハムシ亜科の昆虫の総称。全体の形がカメの形に似ており,平たく円形または楕円形。触角,肢とも短い。幼虫は脱皮殻を尾突起に残し,これにほぼ体が隠れるほどに自分の糞塊を乗せ,体を糞塊に偽装する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カメノコハムシ

ハムシ科の甲虫の1種。日本全土,朝鮮,シベリアヨーロッパに分布。体長7mm内外,長卵形。頭は前胸の下に隠れ背面からは見えない。灰白〜黄褐色で,小黒斑がある。幼虫・成虫ともにアカザフダンソウなどを食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カメノコハムシ【Cassida nebulosa】

甲虫目ハムシ科の昆虫。背面は灰白色から黄褐色で,腹面は黒色。上翅には不規則な小黒紋がある。体長約7mm。日本各地に生息し,5月ごろから出現する。アカザ,テンサイ,フダンソウなどの葉を食し,食葉の裏面に産卵する。卵塊は数層からなるが,パラフィン状の分泌物で覆われ,葉にはりつけたように付着する。幼虫は楕円形で,周縁にとげ状の突起を並べる。背方へ細長く突出する尾突起に糞を付着させる習性がある。葉上で蛹化(ようか)するが終齢幼虫の脱皮殻を尾端に残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カメノコハムシ
かめのこはむし / 亀子金花虫
[学]Cassida nebulosa

昆虫綱甲虫目ハムシ科カメノコハムシ亜科に属する昆虫。日本各地のほかアジア、ヨーロッパに広く分布する。体長約7ミリメートル亀の甲形の甲虫で白色ないし黄白色、背面に小さい黒点を散らし、前胸と上ばねの両側は平たく広がる。幼虫は平たくて外縁に棘(とげ)があり、糞(ふん)を背中にのせる習性がある。
 カメノコハムシ亜科Cassidinaeの甲虫の英名は、tortoise beetlesで世界に3000種以上が知られ、とくに熱帯域には10ミリメートル以上の美麗な種があり、ナンベイオオカメノコハムシPolychalca variolosaのようにブローチなどの装飾品にされるものもある。いずれも亀の甲状で楕円(だえん)形ないし円形、成・幼虫ともアカザ、テンサイなどの葉を食べる。日本産は約30種、生時金色に光るジンガサハムシAspidomorpha difformisなどがある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメノコハムシの関連キーワードコロラドハムシ牙虫猿葉虫豆象虫黄金虫塵芥虫葉虫標本虫イネクビホソハムシハムシ(葉虫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カメノコハムシの関連情報