コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメノコハムシ Cassidinae; tortoise beetle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメノコハムシ
Cassidinae; tortoise beetle

甲虫目ハムシ科カメノコハムシ亜科の昆虫の総称。全体の形がカメの形に似ており,平たく円形または楕円形。触角,肢とも短い。幼虫は脱皮殻を尾突起に残し,これにほぼ体が隠れるほどに自分の糞塊を乗せ,体を糞塊に偽装する。カメノコハムシ Cassida nebulosaが代表種。体長 7mm内外で,黄褐色。成虫は5~8月に現れる。成・幼虫ともアカザ,サトウダイコン,フダンソウなどを食べる。日本全土のほか,アジア東部,ヨーロッパに分布する。ジンガサハムシも金色に光るのでよく知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カメノコハムシ

ハムシ科の甲虫の1種。日本全土,朝鮮,シベリア〜ヨーロッパに分布。体長7mm内外,長卵形。頭は前胸の下に隠れ背面からは見えない。灰白〜黄褐色で,小黒斑がある。幼虫・成虫ともにアカザフダンソウなどを食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カメノコハムシ【Cassida nebulosa】

甲虫目ハムシ科の昆虫。背面は灰白色から黄褐色で,腹面は黒色。上翅には不規則な小黒紋がある。体長約7mm。日本各地に生息し,5月ごろから出現する。アカザ,テンサイ,フダンソウなどの葉を食し,食葉の裏面に産卵する。卵塊は数層からなるが,パラフィン状の分泌物で覆われ,葉にはりつけたように付着する。幼虫は楕円形で,周縁にとげ状の突起を並べる。背方へ細長く突出する尾突起に糞を付着させる習性がある。葉上で蛹化(ようか)するが終齢幼虫の脱皮殻を尾端に残す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カメノコハムシ
かめのこはむし / 亀子金花虫
[学]Cassida nebulosa

昆虫綱甲虫目ハムシ科カメノコハムシ亜科に属する昆虫。日本各地のほかアジア、ヨーロッパに広く分布する。体長約7ミリメートル。亀の甲形の甲虫で白色ないし黄白色、背面に小さい黒点を散らし、前胸と上ばねの両側は平たく広がる。幼虫は平たくて外縁に棘(とげ)があり、糞(ふん)を背中にのせる習性がある。
 カメノコハムシ亜科Cassidinaeの甲虫の英名は、tortoise beetlesで世界に3000種以上が知られ、とくに熱帯域には10ミリメートル以上の美麗な種があり、ナンベイオオカメノコハムシPolychalca variolosaのようにブローチなどの装飾品にされるものもある。いずれも亀の甲状で楕円(だえん)形ないし円形、成・幼虫ともアカザ、テンサイなどの葉を食べる。日本産は約30種、生時金色に光るジンガサハムシAspidomorpha difformisなどがある。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カメノコハムシの関連キーワードサトウダイコン藜亀子金花虫藜陣笠金花虫ツチスガリ葉虫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android