コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カライワシ Elops hawaiensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カライワシ
Elops hawaiensis

カライワシ目カライワシ科の海水魚。体長 1.2mに達する。体は細長く,やや側扁し,背部は暗青色,腹部は銀白色である。鱗は小さく円鱗。側線はよく発達し明瞭である。尾鰭は深く二叉する。大型でリボン状をした透明なレプトケファルス型の幼生期を経る。南日本,インド・西太平洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カライワシ
からいわし / 唐鰯
tenpounder
[学]Elops machnata

硬骨魚綱カライワシ目カライワシ科に属する海水魚。日本海側は富山湾、太平洋側は千葉県以南、中国、フィリピンを経てインド洋に広く分布する外洋性の魚で、全長90センチメートルに達し、体は延長してやや側扁(そくへん)する。目には脂瞼(しけん)があり、口裂が大きく、後端は目の後縁より後方に達する。体の背部は暗青色で、腹部は銀白色。透明な葉形幼生期を経て成長するが、幼生の尾びれは上下に二叉(にさ)してウナギの幼生のようにとがらないのが特徴である。食用になる。[浅野博利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カライワシの関連キーワード魚類/主要用語解説ソトイワシ(外鰯)レプトセファルスギス(義須)ソトイワシイセゴイハイレン葉形幼生ターポンニギス新鰭類淡水魚外鰯海菴唐鰯義須ギス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android