カラカル(英語表記)Caracal caracal; caracal; desert lynx

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラカル
Caracal caracal; caracal; desert lynx

食肉目ネコ科体長 60~90cm。耳介先端がとがった三角形で,その先端には毛総がある。尾は比較的短く,後肢前肢よりもやや長い。動作は敏捷で,短距離を速く走ることができる。ロシア南部からインド北部,中東アラビア半島アフリカに広く分布し,砂漠地帯からサバナにすむ。食物は,アフリカ産のものは小型のアンテロープの仲間やさまざまな鳥で,アジア産のものは小型哺乳類のジリス類,ノウサギやハトなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラカル【caracal】

耳の先に長い黒毛の房があり,胴に斑点がない食肉目ネコ科の哺乳類(イラスト)。アフリカ,アラビアからインドまでの半砂漠,草原やサバンナに分布する。体長65~90cm,尾長20~30cm,体重8~18kg。四肢が長くオオヤマネコに似るが,毛が短く,ほおひげがない。尾は短く体長の半分以下。体の上面は一様な薄い砂色ないし赤褐色で,斑紋がない。体の下面は白色,胸や四肢の内側には褐色の斑点がある。ときに全身黒色の黒変型がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラカル
からかる
caracal
[学]Caracal caracal

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。インド中央部からイラン、イラク、アラビアを経てサハラ砂漠以南のアフリカまでの荒れ地、乾いた草原、低木林に生息する。体長55~75センチメートル、尾長22~33センチメートル、体重8キログラムほどである。体は淡黄色から赤褐色で、耳の先に長毛がある。単独で生活し、おもに朝夕に狩りをする。ネズミ、ウサギ、トビウサギを捕食することが多いが、小形のアンテロープ(レイヨウ)も襲う。またジャンプ力が強く、空中に1.8メートルも跳び上がり、低く飛ぶ鳥をとらえることもする。長期間水なしで生存でき、獲物から水分を補給するといわれる。岩の割れ目や他の動物が捨てた地中の穴を巣とし、9~12月を中心に1産1~4子を産む。妊娠期間は70~78日である。子は産まれたときから不完全ながら目が開いており、10週間で乳離れし、21か月で性成熟する。人になれやすく、かつてインドや小アジアではレイヨウやウサギ、鳥などをとらえるために飼育して訓練された。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカラカルの言及

【ネコ(猫)】より

…ネパールから東南アジアに分布するマーブルキャットFelis marmorataやウンピョウなどは樹上でも狩りをする。サーバルF.servalカラカルF.caracalなどは空中に高く跳び上がり,飛んで逃げる鳥をもとらえる。ジャガーなどは獲物を追ってしばしば水に入る。…

※「カラカル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android