コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスノゴマ Corchoropsis tomentosa (Thunb.) Makino

2件 の用語解説(カラスノゴマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラスノゴマ【Corchoropsis tomentosa (Thunb.) Makino】

日本の山野の陽地や路傍に見られるシナノキ科の一年草で,高さ50cmに達する(イラスト)。全体に星状の短柔毛を密生する。葉は互生し,卵形ないし狭卵形で,長さ2.5~6cm,先端はやや鋭尖し,基部は円形または切形,ふちには鈍鋸歯があり,3行脈を有する。托葉は線形で長さ2~4mm,脱落性。花は葉腋(ようえき)に単生し,径1.5~2cm。萼片は狭披針形で長さ5mm,先端は細長くとがって反巻する。花弁は5枚,黄色で,倒卵形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスノゴマ
からすのごま / 鴉胡麻
[学]Corchoropsis tomentosa Makino

シナノキ科の一年草。全草に星状毛があり、茎は円柱形で直立し、高さ30~90センチメートルでよく分枝する。葉は卵形で先が鋭くとがり、基部は円形または切形(せっけい)、鈍い歯牙(しが)がある。長さ4~8センチメートル、幅2~4.5センチメートル、葉柄は1~5センチメートル、早く落ちる托葉(たくよう)がある。8、9月、径1.8センチメートルほどの黄色花1個ずつを腋生(えきせい)し、花柄は2~3センチメートルで細い。上方に小包葉があり、萼片(がくへん)5枚、花弁5枚で、雄しべ10本、仮雄蕊(かゆうずい)5本。(さくか)は細長い角(つの)状で長さ3~4センチメートル。関東地方以西の本州、四国、九州および朝鮮、中国に分布する。この属は東アジアに3種分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone