カラムクロマトグラフィー(読み)からむくろまとぐらふぃー(英語表記)column chromatography

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラムクロマトグラフィー
からむくろまとぐらふぃー
column chromatography

クロマトグラフィー分離操作上の形式から分類した1種。吸着剤その他として適当な物質を固定相としてガラス管のような管に詰め、管の一端に少量の混合物試料を導入し、次に適当な移動相(気体または液体)をこれに連続的に流し、両相への物質中の各成分の吸着性、溶解性、揮発性、イオン交換能などの性質の差によって混合物の分離あるいは定性、定量などを行う方法である。これに使う管をクロマトカラムまたは単にカラムとよび、カラムを使用するクロマトグラフィーをカラムクロマトグラフィーという。固定相となる充填(じゅうてん)剤としては、吸着、分配、イオン交換、ゲル濾過(ろか)用の各充填剤のすべてが利用されている。混合物試料からの純粋物質の分取や精製の目的などにも広く利用されている。

[高田健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラムクロマトグラフィー
column chromatography

クロマトグラフィーの1つ。普通は固定相として固体吸着剤を管に詰め,その管を垂直に立て,上部に試料を吸着させ,次いで適当な溶媒を上部から流下させて混合物を各成分に分離する。吸着帯の部分を切取って目的とする成分を溶出するか,分離した吸着帯をさらに適当な溶媒で展開し続けて,必要とする成分をカラムから溶出させて分取することもできる。また,溶出される各成分を連続的に検出定量することも可能である。この場合は液体クロマトグラフィーと呼ばれることが多い。固定相としてはアルミナ,シリカゲル,イオン交換樹脂など目的に応じて種々の吸着剤が使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

カラムクロマトグラフィー

 カラムに担体を充填して固定相とし溶液を移動相として行うクロマトグラフィー.担体にはイオン交換樹脂,シリカゲル,セルロース,活性炭など種々のものが使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

カラムクロマトグラフィー
カラムクロマトグラフィー
column chromatography

柱状のガラス管などに充填剤を詰め,先に注入した試料液中の成分を展開液の自然流下で分離する液体クロマトグラフィー

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカラムクロマトグラフィーの言及

【クロマトグラフィー】より

…これに属するものは,吸着クロマトグラフィーadsorption chromatography(LC,GCともにあり),分配クロマトグラフィーpartition chromatography(LC,GCともにあり),立体排除クロマトグラフィー(分子ふるい効果を利用したLC),イオン交換クロマトグラフィー(イオン交換体を固定相とするLC)などである。また,分離の行われる場の形状から,カラムクロマトグラフィーcolumn chromatography(カラムと呼ばれる,固定相の充てんされた内径数mm,長さ数十cm~数mのガラスあるいはステンレス鋼管中で分離を行うもの),薄層クロマトグラフィーthin layer chromatography(各種固定相を薄く塗布したガラス板またはプラスチック板上で分離を行うLC。TLCと略記),ペーパークロマトグラフィーpaper chromatography(ろ紙上で分離を行うLC。…

※「カラムクロマトグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android