コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラ・キタイ Qara Khitāy

世界大百科事典 第2版の解説

カラ・キタイ【Qara Khitāy】

モンゴル系キタイ人を支配者とする中央アジアの王朝。1132‐1211∥12年。西遼ともいう。中国の一部をも領有した王朝の王族の出身者である耶律大石(やりつだいせき)が1132年,東カラ・ハーン朝の首都ベラサグンを占領して建国。1141年には,西カラ・ハーン朝とセルジューク朝の連合軍をサマルカンドの近郊に撃破して西トルキスタンをも支配下に収めた。しかし1210年ホラズム・シャー朝に西トルキスタンを奪われ,また1211∥12年,モンゴリアから亡命して来たナイマン部のクチュルクに国を奪われて建国後わずか80年で滅びた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android