コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラ・キタイ Qara Khitāy

世界大百科事典 第2版の解説

カラ・キタイ【Qara Khitāy】

モンゴル系キタイ人を支配者とする中央アジアの王朝。1132‐1211∥12年。西遼ともいう。中国の一部をも領有した王朝の王族の出身者である耶律大石(やりつだいせき)が1132年,東カラ・ハーン朝の首都ベラサグンを占領して建国。1141年には,西カラ・ハーン朝とセルジューク朝の連合軍をサマルカンドの近郊に撃破して西トルキスタンをも支配下に収めた。しかし1210年ホラズム・シャー朝に西トルキスタンを奪われ,また1211∥12年,モンゴリアから亡命して来たナイマン部のクチュルクに国を奪われて建国後わずか80年で滅びた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラ・キタイの関連キーワードアラー・アッディーン・ムハンマドナイマン(トルコ系部族)グール・ハン(葛児汗)クチュルク(屈出律)カルルク(葛邏禄)プレスター・ジョンチルク(直魯古)チンギス・ハンカラ・ハン朝カラ・キタイモンゴル帝国中央アジア史徳宗[西遼]サンジャルカラハン朝ウイグルハガンマナス契丹

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android