コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラ・キタイ Qara Khitāy

1件 の用語解説(カラ・キタイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラ・キタイ【Qara Khitāy】

モンゴル系キタイ人を支配者とする中央アジアの王朝。1132‐1211∥12年。西遼ともいう。中国の一部をも領有した遼王朝の王族の出身者である耶律大石(やりつだいせき)が1132年,東カラ・ハーン朝の首都ベラサグンを占領して建国。1141年には,西カラ・ハーン朝とセルジューク朝の連合軍をサマルカンドの近郊に撃破して西トルキスタンをも支配下に収めた。しかし1210年ホラズム・シャー朝に西トルキスタンを奪われ,また1211∥12年,モンゴリアから亡命して来たナイマン部のクチュルクに国を奪われて建国後わずか80年で滅びた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラ・キタイの関連キーワード契丹突厥モンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字オイラート蒙古ガルダン寒羊ナイマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone