コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイマン ナイマン Naiman

2件 の用語解説(ナイマンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナイマン(Naiman)

10~13世紀に、中央アジアアルタイ山脈地方で遊牧したトルコ系部族。モンゴル軍によって1218年に滅亡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナイマン【Naiman】

10,11世紀から13世紀初めにかけて,アルタイ山脈からイルティシ川に及ぶ地に住んでいた遊牧部族または遊牧国家の名。トルキスタンウイグルから文字その他の文化を受容し,また少なくともその支配者層はネストリウス派キリスト教を信じており,その東方のケレイトと並ぶ開明的で強力な部族であった。1204年チンギス・ハーンに討滅されたが,その際その文字や国制はモンゴルに影響を与えた。またこのとき同部の王子クチュルクは西遼(カラキタイ)にのがれ,のち西遼国を奪ったが,18年にモンゴル帝国の討滅軍によって捕殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナイマンの関連キーワードエクセターパバーヌレオンカペー朝達延汗リーベカウナス城ジローナタラハシータラント大聖堂

ナイマンの関連情報