コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラハン朝 カラハンちょうQarakhanids

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラハン朝
カラハンちょう
Qarakhanids

中央アジア最初のトルコ系王朝 (940頃~1212) 。イリク (イレク) ・ハン朝ともいわれる。その起源はトルコ系のウイグル族あるいはヤグマーに関連する。 940年始祖サトゥク・ブグラ (ボグラ) ・ハンはチュー川渓谷ベラサグンを都とし,960年イスラムに改宗。4代目ナスル・イレク・ハンは 999年にサーマン朝を滅ぼし,東西トルキスタンに支配を拡大した。しかし 11世紀後半には統一がくずれ,各地に分立した地方政権の抗争が激化,12世紀にはカシュガルのカラハン政権がカラ・キタイ (→西遼 ) に,13世紀にはサマルカンドのカラハン政権がホラズム・シャー朝にそれぞれ滅ぼされた。カラハン朝支配は中央アジアにトルコ・イスラム文化を定着させるうえに重大な意味をもった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カラハン‐ちょう〔‐テウ〕【カラハン朝】

Qara Khan》10世紀半ば、中央アジアに興ったトルコ系イスラム王朝。ベラサグンを都とし、同世紀末に最盛期を迎えたが、11世紀には分裂し、1132年カラキタイに滅ぼされた。イリクハン朝。カラカン朝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カラハンちょう【カラハン朝】

中央アジアのトルコ系イスラム王朝(940頃~1132)。999年サーマーン朝を滅ぼして最盛となる。その後パミールの東西に分裂し、西遼せいりように滅ぼされた。イリクハン朝。カラカン朝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カラハン朝の関連キーワードヤールカンド(葉爾羌)県サトゥク・ボグラ・ハンカルルク(葛邏禄)アルプ・アルスランカラーンミナレットクタドグ・ビリグ葛邏禄・哈剌魯マリク・シャー徳宗[西遼]サーマーン朝ホータン国サンジャルマフムードブラナの塔トルコ史耶律大石アムアクパミールブハラ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android