カラハン朝(読み)カラハンちょう(英語表記)Qarakhanids

精選版 日本国語大辞典 「カラハン朝」の意味・読み・例文・類語

カラハン‐ちょう ‥テウ【カラハン朝】

(カラハンは Kharakhan) 中央アジアトルコ系イスラム王朝。一〇世紀半ば、天山山脈北西部におこり、ベラサグンに都した。同世紀末、第四代のナスル=イリク=ハンの時が最盛期。一一世紀には分裂し、一一三二年、西遼(せいりょう)に征服された。カラカン朝。イリクハン朝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「カラハン朝」の意味・読み・例文・類語

カラハン‐ちょう〔‐テウ〕【カラハン朝】

Qara Khan》10世紀半ば、中央アジアに興ったトルコ系イスラム王朝。ベラサグンを都とし、同世紀末に最盛期を迎えたが、11世紀には分裂し、1132年カラキタイに滅ぼされた。イリクハン朝。カラカン朝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

山川 世界史小辞典 改訂新版 「カラハン朝」の解説

カラハン朝(カラハンちょう)
Khara Khan

940頃~1132頃

中央アジアを支配したトルコ系の王朝。トルコ族最初のイスラーム王朝といわれ,それはバラサグン出身でカシュガルを支配したサトゥク・ボグラ・ハン(?~955)が改宗したという伝説に始まる。999年,マー・ワラー・アンナフルを征服し,サーマーン朝を滅ぼして,トルコ族の拡大を実現したが,アム川を西へ越えていくことはなかった。この王朝によって中央アジア西部はイランイスラーム世界からトルコ・イスラーム世界に変質し,11世紀には中央アジア東部の仏教世界であったホータン方面をイスラーム化して,西ウイグル王国と境を接した。多数の貨幣を発行したほか,トルコ語による文化を開花させたが,12世紀にカラキタイに征服された。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「カラハン朝」の意味・わかりやすい解説

カラハン朝
カラハンちょう
Qarakhanids

中央アジア最初のトルコ系王朝 (940頃~1212) 。イリク (イレク) ・ハン朝ともいわれる。その起源はトルコ系のウイグル族あるいはヤグマーに関連する。 940年始祖サトゥク・ブグラ (ボグラ) ・ハンはチュー川渓谷ベラサグンを都とし,960年イスラムに改宗。4代目ナスル・イレク・ハンは 999年にサーマン朝を滅ぼし,東西トルキスタンに支配を拡大した。しかし 11世紀後半には統一がくずれ,各地に分立した地方政権の抗争激化,12世紀にはカシュガルのカラハン政権がカラ・キタイ (→西遼 ) に,13世紀にはサマルカンドのカラハン政権がホラズム・シャー朝にそれぞれ滅ぼされた。カラハン朝支配は中央アジアにトルコ・イスラム文化を定着させるうえに重大な意味をもった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android