カラハン朝(読み)カラハンちょう(英語表記)Qarakhanids

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラハン朝
カラハンちょう
Qarakhanids

中央アジア最初のトルコ系王朝 (940頃~1212) 。イリク (イレク) ・ハン朝ともいわれる。その起源はトルコ系のウイグル族あるいはヤグマーに関連する。 940年始祖サトゥク・ブグラ (ボグラ) ・ハンはチュー川渓谷ベラサグンを都とし,960年イスラムに改宗。4代目ナスル・イレク・ハンは 999年にサーマン朝を滅ぼし,東西トルキスタンに支配を拡大した。しかし 11世紀後半には統一がくずれ,各地に分立した地方政権の抗争が激化,12世紀にはカシュガルのカラハン政権がカラ・キタイ (→西遼 ) に,13世紀にはサマルカンドのカラハン政権がホラズム・シャー朝にそれぞれ滅ぼされた。カラハン朝支配は中央アジアにトルコ・イスラム文化を定着させるうえに重大な意味をもった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カラハン‐ちょう〔‐テウ〕【カラハン朝】

Qara Khan》10世紀半ば、中央アジアに興ったトルコ系イスラム王朝。ベラサグンを都とし、同世紀末に最盛期を迎えたが、11世紀には分裂し、1132年カラキタイに滅ぼされた。イリクハン朝。カラカン朝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カラハンちょう【カラハン朝】

中央アジアのトルコ系イスラム王朝(940頃~1132)。999年サーマーン朝を滅ぼして最盛となる。その後パミールの東西に分裂し、西遼せいりように滅ぼされた。イリクハン朝。カラカン朝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カラハン‐ちょう ‥テウ【カラハン朝】

(カラハンは Kharakhan) 中央アジアのトルコ系イスラム王朝。一〇世紀半ば、天山山脈北西部におこり、ベラサグンに都した。同世紀末、第四代のナスル=イリク=ハンの時が最盛期。一一世紀には分裂し、一一三二年、西遼(せいりょう)に征服された。カラカン朝。イリクハン朝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android