コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴリア Mongolia

翻訳|Mongolia

大辞林 第三版の解説

モンゴリア【Mongolia】

モンゴル族の居住地であるモンゴル国を中心に、中国の内モンゴル自治区やロシア連邦のブリヤート共和国などから成る、シベリアの南、万里の長城の北に広がる広大な高原状の地域。 → 蒙古もうこ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴリア【Mongolia】

モンゴル人の土地の意。蒙古とも呼ばれる。おもにモンゴル国(156万6500km2)と中国の内モンゴル(蒙古)自治区(110万km2)を併せた領域を指す。
[自然]
 全体として標高1000m前後の高原状をなす草原地帯である。中央部はゴビと呼ばれる乾燥地帯で,砂漠もしくは草の少ない荒地となっている。一般にゴビの北を漠北(外モンゴル),南を漠南(内モンゴル)と呼ぶが,歴史的にモンゴリアを二分する境界線の役割を果たしてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンゴリア
もんごりあ
Mongolia

中央アジア東部のモンゴル人が居住する地域。モンゴル高原をさし、モンゴル国と中国の内(うち)モンゴル自治区を中心とする。12~14世紀には、この地を中心にモンゴル帝国が栄えた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モンゴリアの関連キーワードバヤン(中国、元朝の功臣)タンヌ・ウリヤンハイアニマル・スタイルアルトゥイン・ハンアルタン・ハーンリンダン・ハーンステップ・ロードフビライ・ハンエルデニ・ズーブルーメンバハ烏里雅蘇台将軍ジュワイニーボグドゲゲン庫倫辦事大臣オゴタイ汗国ジャルトゥーペフツォフアムルサナモンゴル族中央アジア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンゴリアの関連情報