モンゴリア(英語表記)Mongolia

翻訳|Mongolia

大辞林 第三版の解説

モンゴリア【Mongolia】

モンゴル族の居住地であるモンゴル国を中心に、中国の内モンゴル自治区やロシア連邦のブリヤート共和国などから成る、シベリアの南、万里の長城の北に広がる広大な高原状の地域。 → 蒙古もうこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴリア【Mongolia】

モンゴル人の土地の意。蒙古とも呼ばれる。おもにモンゴル国(156万6500km2)と中国の内モンゴル(蒙古)自治区(110万km2)を併せた領域を指す。
[自然]
 全体として標高1000m前後の高原状をなす草原地帯である。中央部はゴビと呼ばれる乾燥地帯で,砂漠もしくは草の少ない荒地となっている。一般にゴビの北を漠北(外モンゴル),南を漠南(内モンゴル)と呼ぶが,歴史的にモンゴリアを二分する境界線の役割を果たしてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンゴリア
もんごりあ
Mongolia

中央アジア東部のモンゴル人が居住する地域。モンゴル高原をさし、モンゴル国と中国の内(うち)モンゴル自治区を中心とする。12~14世紀には、この地を中心にモンゴル帝国が栄えた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

モンゴリア

(Mongolia) 中国本土とシベリアの間にあるモンゴル人の居住地域。ゴビ砂漠を境に内モンゴルと外モンゴルとに分けられ、南側の内モンゴルには中華人民共和国内モンゴル自治区が、北側の外モンゴルにはモンゴル国およびロシア連邦のブリヤート自治共和国・トゥバ自治共和国がある。蒙古。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android