コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリマタガヤ Dimeria ornithopoda Trin.ssp.tenera (Trin.) T.Koyama

2件 の用語解説(カリマタガヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カリマタガヤ【Dimeria ornithopoda Trin.ssp.tenera (Trin.) T.Koyama】

日当りのよい草地,とくにやや湿った砂地を好むイネ科の一年草(イラスト)。茎は葉とともに密に叢生(そうせい)し,細く,高さは30cmに達する。葉は茎の下部にあり,長さ6cm,幅4mm内外の線形で,淡緑色で軟らかく,縁と鞘(さや)に長い毛がまばらに生えている。夏から秋に茎の頂に花序を長く抽出する。花序には1~4個の斜めに立った細い総(ふさ)があるが,普通はこの総が2個または3個で,鏃(やじり)の雁股(かりまた)のような枝ぶりをもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリマタガヤ
かりまたがや / 雁股茅
[学]Dimeria ornithopoda Trin.

イネ科の一年草。稈(かん)は弱く、高さは10~40センチメートル、よく分枝する。8~10月、頂端に2~4本の掌状に開出した花穂を出す。小穂は扁平(へんぺい)で2個の小花があり、花穂の片側に密着して2列に並ぶ。湿地に生え、北海道から沖縄、さらに中国、フィリピン、インドネシア、インド、オーストラリアに分布する。名は、二叉(ふたまた)の花穂の形が鏃(やじり)の一種の雁股に似るのでいう。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリマタガヤの関連キーワード鈴柴胡雀の稗砂地日当庭石菖当り狂言犬磚子苗大油薄作当り日当り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone