コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリーム・ハーン かりーむはーんKarīm Khān

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリーム・ハーン
かりーむはーん
Karm Khn
(?―1779)

イラン、ザンド(ゼンド)朝の創始者。アフシャール朝の創始者ナーディル・シャーによって追放されていたザンド人を率い、ナーディル・シャーの死に乗じて、バフティヤーリー人とともにイスファハーンを奪取し、サファビー家の王子を即位させ、自らは総司令となって事実上の支配者となった(1751)。ついでバフティヤーリー人を追放し、政権の基礎を固めた。このときよりワキール(摂政)を称したが、生涯この身分のままで、シャーを名のることはなかった。カージャール朝、アフシャール人、アフガン人と戦い、1765年にはホラサーン以外のイラン全域を手中に収めた。シーラーズに都を定め、多くの建築物を造営する一方、商工業、農業、交易を奨励した。また他勢力との対抗のため、ペルシア湾におけるヨーロッパ企業の権益を認めた。晩年にバスラを占領したが、親族の相次ぐ死去によって不幸であった。シーラーズで死去し、遺体はのちにナジャフへ移された。[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カリーム・ハーンの関連キーワードアーガー・ムハンマド・ハーンアーガー・ハーン(3世)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android