コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルカヤ(刈萱) カルカヤThemeda japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルカヤ(刈萱)
カルカヤ
Themeda japonica

イネ科の多年草。メガルカヤとも呼ばれ,山野の乾いたところに生える。高さ 1m以上の茎が多数固まって立上がり,まばらに葉をつける。秋に,茎の上部に短い総状花序を出す。小穂は下を向き,長い芒 (のぎ) がある。なお,別属のオガルカヤ Cymbopogon goeringiiをカルカヤと呼ぶこともある。この植物はやはりイネ科の多年草で地下茎があり,花穂には小さな総状花序が2個ずつつくので鳥が飛んでいるようにみえ,スズメカルカヤの名もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android