コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルカヤ(刈萱) カルカヤThemeda japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルカヤ(刈萱)
カルカヤ
Themeda japonica

イネ科の多年草メガルカヤとも呼ばれ,山野の乾いたところに生える。高さ 1m以上の茎が多数固まって立上がりまばらに葉をつける。秋に,茎の上部に短い総状花序を出す。小穂は下を向き,長い芒 (のぎ) がある。なお,別属のオガルカヤ Cymbopogon goeringiiカルカヤと呼ぶこともある。この植物はやはりイネ科の多年草で地下茎があり,花穂には小さな総状花序が2個ずつつくので鳥が飛んでいるようにみえ,スズメカルカヤの名もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone