カルカヤ

百科事典マイペディアの解説

カルカヤ

イネ科の多年草,メガルカヤオガルカヤの総称であるが,前者をさす場合が多い。メガルカヤは本州〜沖縄,東アジアの山野にはえる。茎はやや太く,高さ0.7〜1m。葉は広線形で,基部に長い白毛がまばらにはえる。秋,上部の葉腋から総状の花穂を出す。小穂には雄性と両性の2種があり,両性小穂には長いのぎがある。秋の七草の一つ。別属のオガルカヤ(スズメカルカヤ)は茎が細くてかたく,葉は線形で狭い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のカルカヤの言及

【メガルカヤ】より

…山野に生えるイネ科の多年草(イラスト)。ススキとともに最も人口に膾炙(かいしや)しているカルカヤは,植物学上このメガルカヤに当たる。地下茎からややまばらな株立ちとなり,株はおりおり群生する。…

※「カルカヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android