コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロス4世 カルロスよんせいCarlos IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロス4世
カルロスよんせい
Carlos IV

[生]1748.11.11. ポルティチ
[没]1819.1.20. ローマ
スペイン王 (在位 1788~1808) 。カルロス3世の次男。パルマ公女マリア・ルイサと結婚。その政治は王妃と宰相 M.ゴドイにより支配された。彼の治世はフランス革命とナポレオン戦争の影響のもとに,混乱と敗北に終始した。ナポレオン1世によって退位を余儀なくされ,1808年6月ナポレオンの兄ジョゼフ・ボナパルトがスペイン国王となった。以後,フランス,次いでイタリアに亡命し,ローマで客死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

カルロス4世

生年月日:1748年11月11日
スペイン王(在位1788〜1808)
1819年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

カルロス4世の関連キーワードゴヤ(Francisco de Goya y Lucientes)マドリードのエルドン・カルロス((1788―1855))サンアントニオデラフロリダ聖堂フロリダブランカ伯爵フェルナンド[7世]フェルナンド(7世)エル・エスコリアルスペイン独立戦争フェルナンド7世フロリダブランカカルロス[4世]ドン・カルロスホベリャノスゴヤ(年譜)アランフエスブルボン家ベラスケスブルボン朝スペイン史

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android