コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレンフェルト カレンフェルト Karrenfeld; lapies field

3件 の用語解説(カレンフェルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレンフェルト
カレンフェルト
Karrenfeld; lapies field

石灰岩が露出した地域にみられる,幅数十 cm~数m,高さ数mの石灰岩石柱。土壌がほとんどなく石灰岩が地表に露出している地域では,雨水による石灰岩の溶食が激しい。その際,表面の起伏,石灰岩の節理,断層面の存在などによって不均等に溶食され,縦横に無数の溝が形成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カレンフェルト(〈ドイツ〉Karrenfeld)

石灰岩の節理や断層に沿って溶食が進んで溝が刻まれ、岩柱が林立している地形。墓石地形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレンフェルト
かれんふぇると
Karrenfeldドイツ語

溶食により石灰岩台地の表面に生じる溝(みぞ)状の地形をカレンという。カレンが発達すると、石灰岩体は個々の石灰岩柱に分離し、ある規則性をもって岩柱が配列する地形ができる。これをカレンフェルトという。この地形は一様ではなく、地域によって異なった様相をみせる。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカレンフェルトの言及

【カルスト地形】より

… 石灰岩の露頭には,雨水や地表流による溶食作用によってさまざまの微地形が刻まれる。溝状の微地形をドイツ語でカレンKarren,フランス語でラピエlapiésといい,このカレンの景観が広く見られる原野を,ドイツ語でカレンフェルトKarrenfeldという。もっとも普通に見られるものは,条溝型カレンや水溝型カレンと名づけられるもので,ある程度傾斜した石灰岩の表面に,平行に並ぶ浅い溶食条溝が刻まれ,さらにそれが深い溶食水溝に発達する。…

※「カレンフェルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カレンフェルトの関連キーワードウバーレ紡錘虫石灰岩レックハンプトン白砂漠オルソ石灰岩腐泥石灰岩ドナー石灰岩レセプター石灰岩酸川石灰植物

カレンフェルトの関連情報