コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレンフェルト Karrenfeld; lapies field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレンフェルト
Karrenfeld; lapies field

石灰岩が露出した地域にみられる,幅数十 cm~数m,高さ数mの石灰岩石柱。土壌がほとんどなく石灰岩が地表に露出している地域では,雨水による石灰岩の溶食が激しい。その際,表面の起伏,石灰岩の節理断層面の存在などによって不均等に溶食され,縦横に無数の溝が形成される。それらの溝と溝との間に高く残った部分がカレンフェルトで,無数に林立して墓石,羊群,象群のような景観を呈する。 (→カルスト地形 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カレンフェルト(〈ドイツ〉Karrenfeld)

石灰岩の節理や断層に沿って溶食が進んで溝が刻まれ、岩柱が林立している地形。墓石地形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレンフェルト
かれんふぇると
Karrenfeldドイツ語

溶食により石灰岩台地の表面に生じる溝(みぞ)状の地形をカレンという。カレンが発達すると、石灰岩体は個々の石灰岩柱に分離し、ある規則性をもって岩柱が配列する地形ができる。これをカレンフェルトという。この地形は一様ではなく、地域によって異なった様相をみせる。[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカレンフェルトの言及

【カルスト地形】より

… 石灰岩の露頭には,雨水や地表流による溶食作用によってさまざまの微地形が刻まれる。溝状の微地形をドイツ語でカレンKarren,フランス語でラピエlapiésといい,このカレンの景観が広く見られる原野を,ドイツ語でカレンフェルトKarrenfeldという。もっとも普通に見られるものは,条溝型カレンや水溝型カレンと名づけられるもので,ある程度傾斜した石灰岩の表面に,平行に並ぶ浅い溶食条溝が刻まれ,さらにそれが深い溶食水溝に発達する。…

※「カレンフェルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カレンフェルトの関連キーワード北九州国定公園秋吉台国定公園カルスト大野ヶ原阿哲台秋吉台辺戸岬平尾台福智山侵食

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カレンフェルトの関連情報