コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロル2世 カロルにせい Carol II

2件 の用語解説(カロル2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロル2世
カロルにせい
Carol II

[生]1893.10.15. シナイア
[没]1953.4.4. リスボン
ルーマニアの国王 (在位 1930~40) 。フェルディナンド1世 (在位 14~27) の長子。 1914年に皇太子となり,21年にギリシアの王女エレナと結婚。 27年にルペスク夫人との関係清算を拒否,王位継承権を放棄してパリに移住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

カロル2世
Carol Ⅱ


1893 - 1953
ルーマニア国籍。
元・ルーマニア国王。
カロル1世の甥のフェルディナンド1世の長男として生まれる。ドイツで士官の教育を受け、帰国して皇太子となったが、2度の結婚の後、王位継承権を捨てて西欧へ亡命した。1930年に帰国し、息子のミハイ1世を退位させて王位に就いた。ムッソリーニを崇拝し、’38年に個人独裁を敷いた。’40年に枢軸国とソ連に領土の三分の一を奪われ王位をミハイに譲って亡命しポルトガルで客死した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カロル2世の関連キーワードシナイアシナイア修道院シナヤノンコンプライアンスデナイアルエンパイア・スターガイア/母なる地球黒いアリスナイアガラ・フォールズナイアシナミド

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone