コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロル2世 カロルにせいCarol II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロル2世
カロルにせい
Carol II

[生]1893.10.15. シナイア
[没]1953.4.4. リスボン
ルーマニアの国王 (在位 1930~40) 。フェルディナンド1世 (在位 14~27) の長子。 1914年に皇太子となり,21年にギリシアの王女エレナと結婚。 27年にルペスク夫人との関係清算を拒否,王位継承権を放棄してパリに移住。 30年に突如帰国して即位を宣言,鉄衛団を利用し,のちにはそれと対立しながら独裁的な統治を進め,次第に枢軸側に接近。 40年に領土の半分近くを失い,国を追われ,ルペスク夫人とともにフランス,スイス,メキシコ,ポルトガルなどに住んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

カロル2世
Carol Ⅱ


1893 - 1953
ルーマニア国籍。
元・ルーマニア国王。
カロル1世の甥のフェルディナンド1世の長男として生まれる。ドイツで士官の教育を受け、帰国して皇太子となったが、2度の結婚の後、王位継承権を捨てて西欧へ亡命した。1930年に帰国し、息子のミハイ1世を退位させて王位に就いた。ムッソリーニを崇拝し、’38年に個人独裁を敷いた。’40年に枢軸国とソ連に領土の三分の一を奪われ王位をミハイに譲って亡命しポルトガルで客死した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カロル2世

生年月日:1893年10月16日
ルーマニア王(在位1930〜40)
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

カロル2世の関連キーワード東欧史(年表)カロル(2世)ブラティアヌルーマニア史コドレアーヌミハエル1世タタレスクコドレアヌギリシア生年月日ヨルガ在位

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android