コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンキュウチュウ(肝吸虫) カンキュウチュウ

百科事典マイペディアの解説

カンキュウチュウ(肝吸虫)【カンキュウチュウ】

肝臓ジストマとも。長さ10〜25mm,吸虫類に属する扁形動物。柳葉形の寄生虫で東南アジアに分布し,日本でも低湿な湖沼地などに流行地がある。マメタニシが第1中間宿主,コイ,フナ,モツゴなどの淡水魚が第2中間宿主で,これを生で食べると人の肝臓内の細胆管に寄生する。
→関連項目寄生虫キュウチュウ(吸虫)ジストマ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンキュウチュウ【カンキュウチュウ(肝吸虫) Clonorchis sinensis】

扁形動物吸虫綱の後睾吸虫科に属する寄生虫の1種。肝臓ジストマともいう。成虫の虫体は柳葉状で,体長10~25mm,体幅3~5mm,樹枝状に分岐した精巣が腹吸盤の後方に存在する。第1中間宿主はマメタニシ,第2中間宿主はコイ,フナ,モツゴなどの淡水魚で,これらに寄生した幼虫のメタセルカリアを経口摂取することによって感染する。メタセルカリアは小腸上部で脱囊し,胆汁の流れを求めて総胆管にはいり,さらに肝内胆管に侵入して感染後23~26日で成虫となり,産卵を開始する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカンキュウチュウ(肝吸虫)の言及

【川魚料理】より

…河川,湖沼などにすむ淡水魚を材料とする料理。コイ,フナ,アユ,ウナギ,ドジョウ,ナマズ,モロコ,ハヤ,ワカサギ,ヒガイ,カジカ,ヤマメ,イワナ,マスなどが多く使われる。近世以前,京都が日本の中心であった時代には,その地理的条件からも川魚が珍重された。とくにコイは尊ばれ,《四条流庖丁書》(1489)のごときはコイを調理することこそが料理だなどといっている。室町時代にはコイやフナの生食や,アユ,フナはもとよりのこと,ウナギ,ナマズ,ドジョウのなれずしも盛んにつくられていた。…

※「カンキュウチュウ(肝吸虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンキュウチュウ(肝吸虫)の関連キーワード階段採掘法白糸ノ滝大谷-定古墳群台風暴風大坂城跡「新亀石」水辺祭祀場ナショナルトレーニングセンターNTCレーン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android