コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントラプラスの星雲説 カントラプラスノセイウンセツ

デジタル大辞泉の解説

カントラプラス‐の‐せいうんせつ【カントラプラスの星雲説】

1755年にカントが唱え、96年にラプラスが補説した、太陽系の起源についての説。緩やかに回転する高温の星雲状ガス塊が、冷却収縮するにつれて回転を速めて環を生じ、環は球状にまとまって惑星となり、中心に残ったガスが太陽になったというもの。星雲説。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カントラプラスのせいうんせつ【カントラプラスの星雲説】

カントが1755年に、またフランスの数学者ラプラスが1796年に、それぞれの著書の中で展開した太陽系の起源に関する説。回転する高温ガス塊が重力で収縮して中心に太陽をつくるとともに、遠心力でとび出したガスが冷却して惑星になったとする。太陽系の起源を説明した一八世紀中唯一の科学的学説で、宇宙成因論の先駆をなすもの。 → 遭遇説

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カントラプラスの星雲説の関連キーワード忠海鶴屋南北ホメオパシー大阪の製鏡業犬や猫の殺処分アルファマ尾崎雅嘉海保青陵経義考コメルシオ広場