コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンパーナ カンパーナCampana, Dino

3件 の用語解説(カンパーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンパーナ
カンパーナ
Campana, Dino

[生]1885.8.20. マッラーディ
[没]1923.3.1. フィレンツェ
イタリアの詩人。ボローニャ大学で化学を専攻,その頃から狂気に見舞われ,1905年には初めてイモラの精神病院に収容された。以来,正気と狂気の交錯するなかで北イタリア各地からスイスフランスベルギーロシア南アメリカにまで放浪,鋭い感覚の短詩と散文詩とを書き残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンパーナ【Dino Campana】

1885‐1932
イタリアの詩人。十代のはじめから精神不安の兆しがあり,1907年からイタリア各地,スイス,フランス,そしてさまざまな仕事に就きながら南アメリカを放浪し,オデッサ,ベルギーを経てイタリアに帰国後,14年に生前唯一の刊行となった詩集《オルフェウスの歌》自費出版した。18年に精神病院に収容され,死に至るまでそこから出ることはなかった。幻覚と音楽に彩られ言葉の原初の感覚を伝えるその詩編は,痛苦に満ちた生涯と相まって,カンパーナを,イタリアで他に類を見ないオリジナルな詩人とし,〈イタリアのランボー〉とみなす批評もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンパーナ
かんぱーな
Dino Campana
(1885―1932)

イタリアの詩人。ボローニャ大学在学中に詩作を始めるが、精神を病んで学業を中断。その後、南アメリカやヨーロッパ各地を放浪する。この間に楽団員、サーカス団員、消防士などさまざまな職業につく。帰国後も国内各地を転々としながら、ことばのもつ音楽性を駆使した詩を書いて、1914年に『オルペウスの歌』を編んで自費出版し、自ら酒場などで売り歩いた。その詩は、鋭敏で不安な感性に裏打ちされて、強い幻想性や象徴性を帯びたものが多い。死後、『書簡集』(1958)、『ファエンツァの手帳』(1960)などが刊行された。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カンパーナの関連キーワード東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用大阪事件後藤牧太天津条約

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンパーナの関連情報