コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーシャーニー al-Qāshānī, Abū al-Qāsim `Abd Allāh b. Muḥammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーシャーニー
al-Qāshānī, Abū al-Qāsim `Abd Allāh b. Muḥammad

[生]?
[没]1335/1336?
イラン,イル・ハン国の歴史家。カーシャーンの著名なタイル職人の家に生れる。主著『ウルジャーイトゥー史』 Tārīkh-i Uljāytūはウルジャーイトゥー・ハン (在位 1304~16) 1代の年代記。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーシャーニー【Kāshānī】

1885ころ‐1962
イランの宗教家。イラクのシーア派の聖地で研鑽を積み,アーヤトッラーの称号をもつ。第1次世界大戦時にイラクにおける反英ジハードを体験し,以後反英・民族主義を掲げ政治活動を展開した。バーザールおよび下層中間層を組織化して〈イスラム同志会〉を結成し,イラン国王暗殺未遂事件の容疑で国外に追放された。1950年帰国,国会議員となり国民戦線(NF)と共闘,モサッデクの石油国有化案を支持した。53年国会議長,モサッデクとの対立が表面化し下野,反革命への道を開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーシャーニー
かーしゃーにー
Mutasham Kshn
(?―1587)

ペルシアの詩人。カーシャーン出身で、サファビー朝期の代表的詩人。ペルシア古典時代の一流詩人には及ばないが、シーア派をテーマとする詩に優れ、文学史的に注目されている。とくにシーア派第3代イマーム・フサインのカルバラーにおける殉教を主題とする作品が代表作とみなされ、西欧の東洋学者間にも高く評価された。文学史上ムフタシャムの名でも知られる。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カーシャーニーの関連キーワードペルシアモサデク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android