コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーリターダー カーリターダー car retarder

3件 の用語解説(カーリターダーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カー‐リターダー(car retarder)

鉄道操車場で、転送されてきた貨車に軌道上の目的の位置で制動をかける装置。軌道貨車制動装置。カーレタイダー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カーリターダー【car retarder】

貨車にブレーキをかけるために,線路に設置される装置。鉄道による貨物輸送では,集められた貨車群から方面別に列車を編成するため,目的地別に貨車を分類する必要がある。多くの貨車操車場,貨物駅などではハンプと称される小高い山を設け,その頂上から貨車を数両ずつ重力によって転走させ,途中の分岐器操作によって目的地別に別個の線(仕訳線)へ振り分ける作業が行われる。この作業の際,貨車にブレーキをかける方法として,最初は人間が車両側面に乗り込み,車両ブレーキを扱って速度を落とす方法がとられていたが,現在ではカーリターダーによって車両速度を調整する方法が採用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーリターダー
かーりたーだー
car retarder

貨車操車場のハンプヤードで仕分け中の貨車の速度を自動的に制御させる装置。ハンプヤードとは小高い丘(ハンプ)が築かれた操車場をいう。
 ハンプヤードにおいて貨車を目的地別に仕分けする場合、ハンプ頂上で切り離された貨車は下り勾配(こうばい)を走りながら、行先別に定められたそれぞれの方向別線に仕分けされる。転送貨車を仕分け線の適切な位置に止めるため、従来は入換え作業を行う係員が貨車の側面に乗って制動桿(かん)を足で踏むことによりブレーキをかけていたが、多くの係員を要し、かつ作業内容に傷害事故防止上危険なものがあった。カーリターダーは、レールの左右に制動桁(けた)を取り付け、貨車の車輪を左右から挟み込み締め付けることによって制動を行う。操作動力の方式により空圧式カーリターダーのほか、電磁式カーリターダー、油圧ユニット式カーリターダーなどに分けられる。[大澤伸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーリターダーの関連キーワードエアブレーキ空気ブレーキ摩擦ブレーキアンチロックブレーキシステム急ブレーキサーボブレーキブレーキドラムオイルブレーキブレーキングポンピングブレーキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone