コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガフサ ガフサ Gafsa

3件 の用語解説(ガフサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガフサ
ガフサ
Gafsa

チュニジア中央西部,ガフサ県の県都。首都チュニス南南西 270km,標高 405mの丘陵地帯に位置する。ガフサ山塊から源を発するメラー川流域にあって,古代ヌミディアの王国時代にはカプサというオアシス町として発展したといわれ,カプサは発掘された石器の型の名称にもなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガフサ(Gafsa)

チュニジア中西部の都市。19世紀末より燐鉱石を産し、鉄道輸送の拠点として発展。周辺の農産物の集散地。古くは旧石器時代カプサ文化の遺跡があるほか、古代ローマ時代の浴場や東ローマ帝国時代の砦などが残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガフサ
がふさ
Gafsa

北アフリカ、チュニジア中西部の都市(古名カプサ)。アルジェリアに接するドルサル山脈南麓(なんろく)のオアシスに位置する。人口7万1100(1994)。豊富な湧水(ゆうすい)があり、オリーブが栽培される。メトラウィなど西方山地から燐(りん)鉱石が産出され、鉱石輸送鉄道の結節点として発展した。内陸交通の要所で、果実、綿花など農産物の集散地でもある。チュニスと結ぶ空港がある。ローマ時代の浴場跡、モスク、カスバが有名で、付近では旧・中石器時代のカプサ文化の出土品が多い。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガフサの言及

【カプサ文化】より

…更新世の終りごろ,それまで北アフリカに広く分布していた後期旧石器時代のアテール文化につづいておこり,ヨーロッパの中石器文化とは別の発展をした。チュニジア南部の町ガフサGafsaの近くにあるエル・メクタ遺跡が代表とされ,ガフサがローマ時代にカプサCapsaと呼ばれたのにちなんで名づけられた。遺跡は岩陰や洞穴にもあるが,野外に発見されることが多く,貝塚,キャンプ遺跡,石組み炉跡遺跡が特徴的である。…

※「ガフサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガフサの関連キーワードチュニジア革命突尼斯テュニジアチュニス湖バブバハルチュニジアの夜ペチュニジンアジア中銀チュニジア・ディーナール《チュニジアの夜》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone