コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガフサ(英語表記)Gafsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガフサ
Gafsa

チュニジア中央西部,ガフサ県の県都。首都チュニスの南南西 270km,標高 405mの丘陵地帯に位置する。ガフサ山塊から源を発するメラー川流域にあって,古代ヌミディアの王国時代にはカプサというオアシス町として発展したといわれ,カプサは発掘された石器の型の名称にもなっている。果実類の取引中心地で,10万本以上のヤシの茂るオアシスや,伝統的な織物も有名だが,今日ではリン鉱石の大産地として注目されている。リン鉱石産国チュニジアの生産高の 90%を占めている。リン鉱石は鉄道でスファクス港に運ばれ,輸出される。人口5万 8773 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガフサ
がふさ
Gafsa

北アフリカ、チュニジア中西部の都市(古名カプサ)。アルジェリアに接するドルサル山脈南麓(なんろく)のオアシスに位置する。人口7万1100(1994)。豊富な湧水(ゆうすい)があり、オリーブが栽培される。メトラウィなど西方山地から燐(りん)鉱石が産出され、鉱石輸送鉄道の結節点として発展した。内陸交通の要所で、果実、綿花など農産物の集散地でもある。チュニスと結ぶ空港がある。ローマ時代の浴場跡、モスク、カスバが有名で、付近では旧・中石器時代のカプサ文化の出土品が多い。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガフサの言及

【カプサ文化】より

…更新世の終りごろ,それまで北アフリカに広く分布していた後期旧石器時代のアテール文化につづいておこり,ヨーロッパの中石器文化とは別の発展をした。チュニジア南部の町ガフサGafsaの近くにあるエル・メクタ遺跡が代表とされ,ガフサがローマ時代にカプサCapsaと呼ばれたのにちなんで名づけられた。遺跡は岩陰や洞穴にもあるが,野外に発見されることが多く,貝塚,キャンプ遺跡,石組み炉跡遺跡が特徴的である。…

※「ガフサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android