コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガランバ国立公園 ガランバこくりつこうえん Garamba National Park

3件 の用語解説(ガランバ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガランバ国立公園
ガランバこくりつこうえん
Garamba National Park

コンゴ民主共和国北東部,南スーダンとの国境付近に位置する国立公園。面積 4920km2。1938年指定。サバナ地帯に属す公園内にはキリン,ゾウ,カバなどが生息。希少なキタシロサイが知られたが,サイの角を目的とする密猟の横行によりその数は激減し,2006年以降確認されていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガランバ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ガランバ国立公園】

Parc national de la Garambaコンゴ民主共和国北東部、南スーダンとの国境近くにある国立公園。白ナイル川上流に広がるサバンナ地帯。1938年、国立公園に指定。1980年、世界遺産自然遺産)に登録されたが、絶滅危惧種に指定されるキタシロサイなどの密猟が絶えず、1996年に危機遺産リストに登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ガランバこくりつこうえん【ガランバ国立公園】

1980年に登録された世界遺産(自然遺産)で、コンゴ民主共和国北東部のスーダン国境付近に広がる国立公園。この公園のエリア白ナイル川の上流にあり、標高800mの広大なサバンナ(草原地帯)が広がっている。また、アカ川やガランバ川流域には森や湖沼が点在しており、コンゴキリン、アフリカゾウ、カバなどの大型哺乳類や、アヌビスヒヒ、ウォーターバック、ヒョウライオン、さらに同国にしかいないキタシロサイなどが生息している。この公園内にはゾウの調教センターもある。希少なキタシロサイの保護に力を注いできたことが、世界遺産に登録される大きな理由になったが、キタシロサイの角をねらった密猟が横行し、その個体数がわずか15頭になり、1984年危機遺産リストへの登録を余儀なくされた。その後、政府の密猟者対策が功を奏して、その数を増やし始めたことから1992年に危機遺産リストから除外された。しかし、それもつかの間、隣国スーダンの反政府軍や難民の流入や内戦などにより環境が悪化し、1996年に再び危機遺産リストに加えられた。◇英名はGaramba National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガランバ国立公園の関連キーワードキナバル山スルツエイヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島世界遺産登録ワッデン海

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone