コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キオソーネ キオソーネ Chiossone, Edoardo

3件 の用語解説(キオソーネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キオソーネ
キオソーネ
Chiossone, Edoardo

[生]1833. ジェノバ
[没]1898.4.11. 東京
イタリアの銅版彫刻家。 1875年日本の大蔵紙幣寮の招きで東京に移住。各種の紙幣,切手のデザインや制作,銅版彫刻の技術指導を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

キオソーネ Chiossone, Edoardo

1832-1898 イタリアの銅版画家。
1832年1月21日生まれ。明治8年(1875)日本政府にまねかれて来日。大蔵省紙幣寮で銅版技術を指導し,紙幣や郵便切手の図案制作と原版彫刻にたずさわる。明治天皇,西郷隆盛,大久保利通(としみち)らの肖像画も制作した。明治31年4月11日東京で死去。66歳。アレンツァノ出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

キオソーネ

没年:明治31.4.11(1898)
生年:1833.1.20
明治期に来日し,造幣にたずさわったお雇いイタリア人銅版画家。ジェノバ市近郊に生まれ,同市の美術学校で1847年から55年まで銅版画を学ぶ。卒業後,イタリア国立銀行彫刻師として造幣に従事。明治8(1875)年,明治政府の招きで来日。大蔵省紙幣寮に雇われ,西洋の紙幣印刷に用いられる銅版技法を用いて,日本の紙幣,切手,印紙などの原版を制作し,技術指導に当たった。明治天皇画像,西郷隆盛画像なども描く。24年に大蔵省印刷局を退職。その後も日本に滞在し,東京で死去。日本美術品収集家としても知られる。収集品は遺言によってジェノバに送られ,同市立キオソーネ美術館に収蔵されている。

(山梨絵美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キオソーネの関連キーワードアビーノットヒルハウスヘイトブラウンスゴッチェジュウェット祖苗チャプリンフロラン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone