キャッテル(読み)きゃってる(英語表記)Raymond Bernard Cattell

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャッテル(Raymond Bernard Cattell)
きゃってる
Raymond Bernard Cattell
(1905―1998)

イギリス育ちのアメリカの心理学者。スタッフォードシャーの生まれ。ロンドン大学で化学を専攻、さらにスピアマンのもとで心理学を研究し1929年学位を取得。しばらくイギリスで働いたのち、1937年にアメリカに渡りコロンビア大学などを経て1944年からはイリノイ大学教授。彼のパーソナリティー理論は、スピアマンやサーストンの因子分析法を利用してパーソナリティーの源泉的特性を確定しそれを測定しようとするもので、信頼性の高い源泉的特性としては、たとえば、(1)分裂性―回帰性、(2)一般的精神力―精神欠陥、(3)情緒的安定―情緒的不安定、(4)支配性―従属性などがあげられる。そのパーソナリティー発達の理論は精神分析的な考え方の影響が強く、臨床的な神経病理的パーソナリティーの所見を含む方向をとっている。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android