キャッテル(英語表記)Cattell, James McKeen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッテル
Cattell, James McKeen

[生]1860.5.25. ペンシルバニア,イーストン
[没]1944.1.20. ペンシルバニア,ランカスター
アメリカの心理学者。 W.ブントの助手。 F.ゴルトンの影響を受ける。コロンビア大学教授。アメリカ心理学創始期の指導者の一人。反応時間連想,読字などについて広く実験を行い,特に個体差,精神測定研究に貢献。"Psychological Review"創刊 (1894) に参与。死後その弟子が彼の論文や講演などを集めて"James McKeen Cattell,Man of Science" (2巻,1947) として出版。

キャッテル
Cattell, Raymond Bernard

[生]1905.3.20. スタッフォードシャー
[没]1998.2.2. ハワイ,ホノルル
イギリス生まれのアメリカの心理学者。第2次世界大戦前,ハーバード大学,イリノイ大学の心理学教授を務める。性格因子分析に貢献。主著『人格の科学的分析』 The Scientific Analysis of Personality (1965) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

キャッテル【Cattell】

〔James McKeen C.〕 (1860~1944) アメリカの心理学者。アメリカ心理学草創期における指導者の一人。反応時間の個人差を研究し、諸種のテストを考案。
〔Raymond Bernard C.〕 (1905~1998) アメリカの心理学者。イギリス生まれ。因子分析法を適用した人格および知能の研究で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android