コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャリアパス キャリアパスcareer path

3件 の用語解説(キャリアパスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キャリア‐パス(career path)

企業内での昇進・出世を可能とする職務経歴。昇進への早道。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材マネジメント用語集の解説

キャリアパス

・career path
・昇進・昇格のモデル、あるいは人材が最終的に目指すべきゴールまでの道筋のモデル、仕事における専門性を極める領域に達するまでの基本的なパターンのこと。
・企業がキャリアパスを示すことで、従業員は中長期的にどのようなスキルや専門性を身につけていくべきかを理解できるともに、自己の目指すべき道を自己で考察する材料ともなり、自己啓発意識の醸成、モチベーション向上に資することができる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

キャリアパス

ある職位や職務に就任するために必要な一連の業務経験とその順序、配置異動のルートを「キャリアパス」といいます。どんな仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度の習熟レベルに達すれば、どういうポストに就けるのか――キャリアアップの道筋や基準・条件を明確化した人材育成制度です。
(2009/10/26掲載)

出典|『日本の人事部』
人事労務用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャリアパスの関連情報