コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キラリティー きらりてぃー

1件 の用語解説(キラリティーの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キラリティー
きらりてぃー
chirality

分子構造あるいは結晶構造において、ある位置の点群が第2種対称要素である転義回転軸(回反軸)をもたないときに、それを示す用語。回反軸のかわりに回映軸とする表現もあり、1回回反軸(2回回映軸)は対称心、2回回反軸(1回回映軸)は鏡面と等価であるため、対称心、鏡面、回反軸をもたない、とも表現される。このような構造では、その実像と鏡像とは重ね合わせても一致せず、互いに対掌体となる。「手のひら」を意味するギリシア語cheiroから1893年イギリスケルビンが提案したが、広く用いられ始めたのは、20世紀後半に入って立体化学が発展するようになってからである。なお形容詞キラルchiral、キラルでないものをアキラルachiralという。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキラリティーの言及

【光学異性】より

…鏡像体がたがいに重ね合わすことができないための必要にして十分な条件は,対称性からいえば,第一種の対称要素すなわち回転軸はあってもよいが,第二種の対称要素すなわち対称心および対称面(鏡映面)をもたないことである。第二種の対称要素を欠く配置はキラルな配置といい,その配置をキラリティーを有するという。キラルな配置のうち,回転軸をもたない,すなわちまったく対称性をもたないものを無対称あるいは不斉asymmetricな配置といい,回転軸がある場合は不均斉dissymmetricな配置という。…

※「キラリティー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キラリティーの関連情報