コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリシタン物 キリシタンもの

1件 の用語解説(キリシタン物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリシタン物
キリシタンもの

16世紀後半から 17世紀前半にかけて,カトリック宣教師たちが日本での布教用につくった宗教書や語学書をいう。「キリシタン文献」「キリシタン資料」ともいう。ローマ字書きで対訳のあるものが多く,成立年代も明らかなため,当時の口語資料として貴重なものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリシタン物の関連キーワードバルディ家結城孫三郎摂関時代ウィーン古典派ダカーポアリアラージプート族京都府与謝郡与謝野町明石大阪府藤井寺市沢田島根県益田市遠田町愛媛県今治市古谷甲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キリシタン物の関連情報