コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長田秀雄 ながたひでお

7件 の用語解説(長田秀雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長田秀雄
ながたひでお

[生]1885.5.13. 東京
[没]1949.5.5. 鎌倉
詩人,劇作家。長田幹彦の兄。独逸協会中学卒業後,『明星』に参加。 1909年木下杢太郎北原白秋と詩誌『屋上庭園』を創刊。耽美的な詩で知られた。のち劇作に転じ,イプセンの影響の濃い『歓楽の鬼』 (1910) で劇作家としての地位を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながた‐ひでお〔‐ひでを〕【長田秀雄】

[1885~1949]詩人・劇作家。東京の生まれ。幹彦の兄。「明星」「スバル」に参加。自由劇場の発足とともに新劇運動に加わり、史劇で新分野を開いた。戯曲「歓楽の鬼」「大仏開眼」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長田秀雄【ながたひでお】

劇作家。幹彦の兄。東京生れ。中学時代の同級生木下杢太郎新詩社をへてパンの会を作り詩作したが,やがて戯曲を書き新劇運動に携わった。最初の戯曲《歓楽の鬼》は自由劇場で上演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長田秀雄 ながた-ひでお

1885-1949 明治-昭和時代の劇作家,詩人。
明治18年5月13日生まれ。長田幹彦(みきひこ)の兄。「明星」「スバル」などに詩を発表。明治42年木下杢太郎(もくたろう)や北原白秋らと文芸誌「屋上庭園」を創刊。44年最初の戯曲「歓楽の鬼」が上演された。芸術座,市村座,新協劇団に属した。昭和24年5月5日死去。65歳。東京出身。明大中退。作品に「飢渇(きかつ)」「大仏開眼(かいげん)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ながたひでお【長田秀雄】

1885‐1949(明治18‐昭和24)
劇作家,詩人。東京神田生れ。弟に小説家の幹彦がいる。医師の父の跡を継げずに,中学時代から詩作をはじめ,同級の木下杢太郎と新詩社を経て,パンの会を作り,《スバル》《屋上庭園》に詩と戯曲を発表していたが,1910年発表の《歓楽の鬼》が自由劇場で上演され,劇作家の地位を築いた。イプセンの影響が顕著だが,15年にはチェーホフ的な味のある《飢渇》を発表,20年に5幕の大作史劇《大仏開眼》に仏師公麻呂と恋人葛城郎女(かつらぎのいらつめ)を主人公にした政治と芸術の葛藤を描き,好評を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながたひでお【長田秀雄】

1885~1949) 劇作家。東京生まれ。幹彦の兄。詩人として「明星」「スバル」に作品を発表。自由劇場創立に際し演劇運動に参加、イプセン風の写実劇を書いた。代表作「大仏開眼」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長田秀雄
ながたひでお
(1885―1949)

詩人、劇作家。東京生まれ。幹彦(みきひこ)の兄。独協中学を経て明治大学に学ぶ。少年時代より詩作を好み、『明星』に詩を発表。1909年(明治42)木下杢太郎(もくたろう)、北原白秋(はくしゅう)と雑誌『屋上庭園』を創刊。イプセンの影響下に戯曲を書き、『歓楽の鬼』(1910)が自由劇場で上演され、劇作家として注目を浴びた。耽美(たんび)派から写実主義に転じたが、戯曲『飢渇(きかつ)』(1915)や文化史劇『大仏開眼(だいぶつかいげん)』(1920)が代表作。1920年代に市村座に入り、1934年(昭和9)には秋田雨雀(うじゃく)と新協劇団の顧問となり、新劇界の長老として重きをなした。[藤木宏幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長田秀雄の関連キーワード小林蹴月アッシュビョルンソンヒルデスハイマーメースフィールド神田っ子JBプリーストリーゴーゴリ伝作家の責任マチューリン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone