コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンギョソウ

3件 の用語解説(キンギョソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キンギョソウ

地中海沿岸地方原産のゴマノハグサ科多年草。園芸上では普通秋まきとし,冬〜春開花させ,一年草として扱う。花は茎の頂に総状につき,太い筒形の花冠の上部は仮面状をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キンギョソウ【Antirrhinum majus L.】

花壇や鉢植え,切花に適したゴマノハグサ科の多年草(イラスト)。原産地南ヨーロッパ北アフリカ。改良された園芸種には高さ20~30cmの矮性種や80cmになる高性種がある。葉は楕円形で対生し,茎は直立性で先端に総状に花をつける。花は合弁花で花筒の先端は2唇形となり,花冠片のうちの2片が上唇弁を,3片が下唇弁を形成している。花筒を指で押さえると花が口を開くので,snapdragonの英名がある。めしべは1本,おしべは4本のうち2本は長く2本は短い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンギョソウ
きんぎょそう / 金魚草
[学]Antirrhinum majus L.

ゴマノハグサ科の多年草。園芸上は秋播(ま)き一年草として扱う。ヨーロッパ原産。欧米をはじめ日本でもアンテリナムと称して広く切り花として温室栽培され、暖地ではハウス栽培または露地栽培もある。草丈により分類され、高性種は0.9~1.2メートルで、切り花用に栽培される。中高性種は50~80センチメートルで、コロネット種は大輪で花穂が長く風に強く、またマダムバタフライ種は八重咲きでアザレア状の花形で花壇用とするが、切り花にもできる。矮性(わいせい)種は20~30センチメートルで、フローラルカーペット種、リトルダーリン種などがあり、花壇、プランター、鉢植えに適する。
 花色は豊富で、白、黄、桃、赤、橙(だいだい)、藤紫(ふじむらさき)などあり、いずれも基部から分枝して茎頂にキンギョに似た花を穂状に多数つける。花は一重咲き、八重咲きとあり、花色、花形とも変化に富む。切り花栽培では温室やハウスで初夏に播種(はしゅ)し、秋から翌年の春まで採花できるが、普通は露地で秋に播種すると翌年の5月に開花する。播種は、種子が細かいのと幼苗期に立枯病にかかりやすいので、鉢で清潔な用土に薄く播種して覆土はせず、鉢底から吸水させると結果がよい。発芽後は平箱などに5、6センチメートル間隔に仮植えするが、浅植えにし子葉が土中に入らないようにする。深植えはよくない。仮植え後30~40日で定植する。花壇植えは25~30センチメートル間隔、切り花用は20~25センチメートル間隔とする。花壇植えの矮性、中高性種は霜よけをすると、茎頂も痛まず結果がよい。切り花用の高性種は本葉が6、7枚のころ摘心をすると基部からよく分枝して花茎数が多くなる。春先になるとアブラムシが多発するので、「エカチン」粒剤で予防し、発生後は「ランネート」などで駆除する。矮性種など花壇植えの場合は、1花穂の花が終わりしだい、途中から摘み取って種子ができないようにすると、株が弱らずに長い間咲かせられる。[金子勝巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンギョソウの関連キーワードリナリア畦菜小米草胡麻の葉草紫蘇草常磐黄櫨鉢植え川萵苣唇形花姫鍬形

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンギョソウの関連情報