コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンヒドロン quinhydrone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンヒドロン
quinhydrone

キノン類とヒドロキノン類が1分子ずつ結合してできる分子化合物の総称。 p-ベンゾキノンとヒドロキノンの分子化合物はその代表的なもので,これを単にキンヒドロンともいう。融点 171℃。青緑色針状晶。キンヒドロン電極として利用されたことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キンヒドロン

キノン1分子とヒドロキノン1分子からなる化合物の総称。一般に結晶の形で存在し,水などに溶かすとキノンとヒドロキノンとに解離する。構造はキノンとヒドロキノンとの水素結合による分子化合物と考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キンヒドロン【quinhydrone】

キノン分子とヒドロキノン分子から構成される化合物の総称であるが,しばしば単にp‐ベンゾキノンとヒドロキノン(1,4‐ジヒドロキシベンゼン)から生ずる化合物(次式)をさす。この化合物は緑色あるいは金属光沢をもつ昇華性の結晶で,融点171℃。エチルアルコール,エーテルに溶けて黄色溶液となる。水にはほとんど溶けず,脂肪族炭化水素にはまったく溶けない。酸化剤の作用でキノンに,還元剤の作用でヒドロキノンとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

キンヒドロンの関連キーワードフェナントラヒドロキノン水素イオン濃度pHメーター酸化還元電極π錯体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android