コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンヒドロン キンヒドロン quinhydrone

3件 の用語解説(キンヒドロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンヒドロン
キンヒドロン
quinhydrone

キノン類とヒドロキノン類が1分子ずつ結合してできる分子化合物の総称。 p-ベンゾキノンとヒドロキノンの分子化合物はその代表的なもので,これを単にキンヒドロンともいう。融点 171℃。青緑色針状晶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キンヒドロン

キノン1分子とヒドロキノン1分子からなる化合物の総称。一般に結晶の形で存在し,水などに溶かすとキノンとヒドロキノンとに解離する。構造はキノンとヒドロキノンとの水素結合による分子化合物と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キンヒドロン【quinhydrone】

キノン分子とヒドロキノン分子から構成される化合物の総称であるが,しばしば単にp‐ベンゾキノンとヒドロキノン(1,4‐ジヒドロキシベンゼン)から生ずる化合物(次式)をさす。この化合物は緑色あるいは金属光沢をもつ昇華性の結晶で,融点171℃。エチルアルコールエーテルに溶けて黄色溶液となる。水にはほとんど溶けず,脂肪族炭化水素にはまったく溶けない。酸化剤の作用でキノンに,還元剤の作用でヒドロキノンとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キンヒドロンの関連キーワードハイドロキノンヒドロキノン分子化合物オルトベンゾキノンパラベンゾキノンヒドロキシアルデヒドフィロキノンフィロキノン当量π錯体ジヒドロキシアントラキノン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone