キーンベック病(読み)キーンベックびょう(英語表記)Kienböck's disease

  • キーンベックびょう ‥ビャウ
  • キーンベックびょう〔ビヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手根骨のうちの月状骨の無腐性の壊死軟化が起る原因不明の疾患大工タイピストなど,手を強く使用する職業に多い。症状は月状骨部の腫脹,圧,手関節の運動制限など。治療は手関節の安静,各種の物理療法を行い,これが無効の場合には月状骨摘出術,橈骨短縮術などが行われる。オーストリアの放射線科医 R.キーンベック (1871~1954) が記載した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オーストリアの医学者R.キーンベックが初めて記載した疾患。別名月状骨軟化症。月状骨は手根骨の一つで,手首の関節の使用過度によるものと考えられる。手背に月状骨に一致した腫脹(しゅちょう)が起こり,圧痛,運動痛がある。X線像で月状骨は扁平縮小し,濃淡交差像を呈する。治療はギプス固定,骨摘出,骨穿孔(せんこう),骨移植など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月状骨(げつじょうこつ)軟化症ともいい、手の月状骨が壊死(えし)に陥り軟化する疾患で、1910年オーストリアの放射線学者キーンベックRobert Kienböck(1871―1953)が初めて記載した。18~30歳くらいの男性に多く、手関節をよく使う職業の人(大工や農民など)に多くみられる。手関節を動かすと痛みがあり、手関節を使わず休ませると痛みはなくなる。手関節の背側で月状骨に圧痛があり、急に増悪することは少ないが、慢性に経過して手の背屈や掌屈がだんだん制限されてくる。

 安静にして局所の血行をよくするために温熱療法やマッサージなどを行うが、完治しにくい。しばしば手術的治療が必要となる。整形外科専門医の受診が必要である。

[永井 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (キーンベックは Kienböck) 手首の手根骨の一つである月状骨が軟化する疾患。大工、農夫のように手首に持続的、反復的外力が加えられる職業に多い病気。オーストリアの放射線学者、キーンベックが発見した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキーンベック病の言及

【虚血性骨壊死】より

…原因不明のものは特発性骨壊死idiopathic necrosisと呼ばれる。これには成人の特発性大腿骨頭壊死,ペルテス病(小児大腿骨頭壊死),膝特発性壊死(高齢者大腿骨内顆関節面の病変),キーンベック病(成人月状骨壊死),ケーラー病(小児の足の舟状骨病変),フライバーグ病(第2ケーラー病ともいわれ,思春期の第2中足骨頭の病変)などがある。成人の特発性大腿骨頭壊死は1960年以降症例が急増し,アルコール愛飲,肝臓障害との関連が検討されている。…

【月状骨軟化症】より

…手首の関節を形づくっている8個の手根骨のうちの一つである月状骨の阻血性壊死が主病変で,オーストリアの放射線医であるキーンベックRobert Kienböck(1871‐1953)により1910年に報告された。キーンベックの臨床像,X線所見の詳細な報告の結果,この病気はキーンベック病Kienböck’s diseaseともいわれるようになった。20~40歳の男子にみられ,大工など手を酷使する労働者に多い。…

※「キーンベック病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キーンベック病の関連情報