コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギギ Tachysurus nudiceps

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギギ
Tachysurus nudiceps

ナマズ目ギギ科の淡水魚食用体長 20cm。体はやや細長く,頭部は円筒形,尾部近くは側扁する。口はほぼ水平に開き,口ひげは 8本。鱗はない。黄色の地に暗灰褐色の斑紋がある。本州中部以西,四国,九州に分布し,湖沼河川の岸近くの岩場などにすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギギ

ギギ科の淡水魚。中部以西の本州と四国の吉野川に分布する。暗褐灰色で口ひげが4対。全長15〜30cm。胸びれの部分でギーギーと低い音を出すので,この名がある。煮付,てんぷらなどにして美味。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギギ【Pelteobagrus nudiceps】

ナマズ目ギギ科の淡水魚(イラスト)。ギンギ(琵琶湖),ググ(高知県)などとも呼ばれる。ギギ,ギンギなどの名称はとらえられたときなどに,胸びれのとげを体側に直角に立て,これを後方に動かしてその基部の関節面をすり合わせて,ギーギーという音を発することによる。日本の中部地方以西の本州と四国の吉野川に分布。川や湖の岩礁や護岸の石垣などの間にすむ。琵琶湖には多く,冬はかなり深所の湖底でも漁獲される。全長15~30cmで雌のほうが小さい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギギ
ぎぎ / 義々
[学]Pelteobagrus nudiceps

硬骨魚綱ナマズ目ギギ科に属する淡水魚。別名ハゲギギ。近縁のギバチやネコギギを含めて、ギーギー、ギューギュー、ギュギュ、ギギタなどともよばれる。静岡県富士川と京都府由良(ゆら)川以西の本州と四国が分布域であるが、伊勢(いせ)湾周辺の河川には別種のネコギギが分布している。河川中流域や湖の大きな石の下に潜み、夜間に活動して大形の底生動物やエビ、小魚を食う。濁り水の出ているときには日中も活動する。5~8月ごろに石の下や石垣の間に産卵する。
 日本には本種のほかにギバチとネコギギが生息している。尾びれ中央の切れ込みの度合いは本種がもっとも深く、ギバチがもっとも浅い。3種ともに、胸びれの棘(とげ)とその付け根の骨をこすり合わせて、ギーギーと独特の音を発する。なお、これら3種の分布域は、日本ではまったく重なっていない。[水野信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギギの関連キーワードココノホシギンザメゴンズイ(海水魚)ウサギギク(兎菊)カリプソ(女神)アメリカナマズ科ゴンズイ(魚類)ゴンズイ(権瑞)ヒイラギ(柊)ウェーバー器官サカサナマズウナギギンポハマギギ科ヨモギギクウサギギクギギギアルギギアルハマギギアルニカ発音器官ケチカン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギギの関連情報