コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギニア・ビサウ ギニアビサウ

百科事典マイペディアの解説

ギニア・ビサウ

◎正式名称−ギニアビサウ共和国Republic of Guinea-Bissau。◎面積−3万6125km2。◎人口−165万人(2010)。◎首都−ビサウBissau(39万人,2009)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギニア・ビサウ
ぎにあびさう
Guin-Bisso

西アフリカの西端近く、大西洋に面する国。正称はギニア・ビサウ共和国Republicano de Guin-Bisso。北はセネガルと接し、東と南をギニアに囲まれる。西の海域に18のおもな島からなる群島を有する。旧称ポルトガル領ギニアPortuguese Guinea。面積3万6125平方キロメートル、人口112万(2000推計)。首都はビサオ。[大林 稔]

自然

東部のギニア国境近くに標高約300メートルの台地がみられるほかは国土の大半が平坦(へいたん)な低地である。海岸部はゲバ川、カチェ川などのデルタが広がり、湿地、沼地に覆われている。広い入り江が内陸深くまで入り込んでおり、河川、入り江を利用した水路によって大半の人口集中地が結ばれている。気候は熱帯モンスーン気候で、雨期(6~11月)と乾期(12~5月)がある。雨期には大西洋から南西の風が吹き、乾期にはサハラから乾燥した熱風ハルマッタンが吹く。海岸部は雨量が年間1500~3000ミリメートル、マングローブが繁茂しており、内陸は年降水量1250~2000ミリメートルの森林の混じったサバンナである。[大林 稔]

歴史

この地方はかつてマンディンゴ(マリンケ)人の緩やかな支配下にあったが、マンディンゴ人の覇権は1860年に始まるプール(フラニ、フルベ)人の攻撃により崩壊した。他方1440年代にポルトガル人がヨーロッパ人として初めて到来、1580年ごろ最初の商業拠点をつくった。しかし、ポルトガル人の関心はもっぱら、併行して植民地化が進められた沖合いのカーボベルデ諸島にあった。貿易の中心は奴隷であったが、ほかに象牙(ぞうげ)、染料、皮革の輸出も行われた。19世紀に列強のアフリカ分割が進むと、ポルトガルはイギリス、フランスとこの地を争い、1870~1905年の交渉で現在のギニア・ビサウの版図を確定した。ギニア・ビサウがカーボベルデから分離し、独立した行政単位となったのは1879年である。しかし諸民族の反乱が絶えず、1912~1915年の軍事作戦でようやく全土を平定した。
 1950年代に入って反ポルトガル運動が活発化、1956年アミルカル・カブラルらがギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)を創立した。1959年スト労働者虐殺事件以後非合法化されたPAIGCは本部をギニアのコナクリに移し、1961年農村を基盤にした武装闘争を開始した。カブラルは1973年コナクリで暗殺されたが、同年9月24日PAIGCは解放区で全国人民会議を開催、国土の75%を解放したとして、共和国の独立を宣言した。1974年ポルトガルのカエターノ独裁政権はクーデターで倒れ、ポルトガル新政権は9月10日独立を承認した。国家元首にはアミルカルの弟ルイス・カブラルが就任。1980年11月10日に採択された新憲法はカーボベルデとの合邦推進を定めた。しかし、同月14日、カーボベルデ系に握られていたPAIGC指導部に対する本土出身の首相ビエイラJoo Bernardo Vieiraらのクーデターが成功した。この背景には、教育水準が高く植民地機構の末端を独占してきたカーボベルデ出身者への本土出身者の反発があったといわれる。これによりカーボベルデとの合邦の可能性は失われた。[大林 稔]

政治

ビエイラは1981年にギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)の単一政党制を敷いた。1983年5月には憲法を改定して国家元首となり、独裁的な権力を握った。その後の政治抗争はクーデター未遂や「陰謀」への弾圧の形をとるようになった。
 ビエイラ政権は、経済的困難から1987年に独立以来の指令型経済の自由化に着手した。さらに1990年4月にはビエイラが複数政党制導入を承認し、民主化プロセスが始まった。翌1991年5月に憲法が改定されてPAIGCの一党支配体制が廃止され、自由経済への移行が決定された。民主化プロセスへの参加を求める野党の圧力を受け、1992年7月にPAIGCは国民移行委員会の設立に合意した。1994年7月に議会および大統領選挙が二度の延期ののち実施された。議会選挙ではPAIGCは議席の過半数を獲得した。他方、大統領選挙ではビエイラが辛勝したが、野党は不正があったとして選挙結果の無効を主張した。1998年6月には軍の一部が反乱し、内戦となった。その後、一時停戦したが、1999年2月戦闘は再開され、反乱軍の指導者アンスマネ・マネの部隊が首都を制圧、ビエイラはポルトガルに亡命した。2000年1月に行われた大統領選挙で社会改革党(PRS)党首のクンバ・ヤラKumba Yalaが当選した。同年11月にマネがふたたび反乱をおこしたが、マネは戦闘中に死亡した。その後、首相、閣僚の交替が頻繁に行われ、2003年9月には軍のクーデターが発生、ヤラは拘束され、大統領を辞任した。
 1980年代後半の経済危機に加え、急速な政治経済改革は社会的な混乱を招いた。政府の給与支払いは停滞し、1990年代には兵士の反乱や大規模なストライキが相次いだ。民主的選挙後の新政府も経済政策の運営に苦しんだ。
 1980年代後半には、隣国セネガルとの関係が悪化した。石油資源開発を背景に領海に関する係争が発生し、1989年8月にギニア・ビサウは国際司法裁判所に提訴した。他方セネガル南部のカザマンスとの国境では、セネガルからの分離運動が原因となって、両国の関係はしばしば緊張した。しかし1993年末には両国首脳の交渉により、関係は改善された。
 西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)に属しており、またEU(ヨーロッパ連合)と開発途上国グループ間のロメ協定に参加している。また通貨危機に対処するためにフラン圏加盟を申請し、1996年5月の西アフリカ経済通貨同盟(UEMOA)首脳会議において、その加盟が認められた。[大林 稔]

経済

1人当り国内総生産(GNP)は世界で16番目に低い(1995)。しかし1985~1995年の1人当りGNPの年平均増加率は2.0%とサハラ以南アフリカの実績(マイナス1.1%)を上回る。近代経済部門は未発達であり、他方経済の中心である農業の生産性は低く、不安定である。
 農業国であり、農林水産業は雇用の85%、GDPの46%(1995)を占める。食糧生産の中心は米、根茎類、メイズ、ミレット、ソルガムなどである。輸出向けの商品作物としてはカシューナッツ、落花生、椰子核、木材がおもなものである。牧畜も伝統的に行われている。漁業は近年成長が著しく、水産物輸出と入漁料収入は主要な外貨稼得源となっている。またボーキサイトと燐(りん)鉱石が埋蔵されているが、開発されているのはごく一部である。鉱工業はGDPの17%(1991)を占めるが、雇用面での貢献はわずかである。おもにカシューナッツ、落花生、冷凍魚(エビ、イカ)などを輸出する。主要な貿易相手国は、輸出ではインド、ウルグアイ、イタリア、輸入ではポルトガル、セネガル、オランダ、タイ、中国などである。
 独立直後の経済は、戦争による荒廃と1980~1982年の干魃(かんばつ)および主要輸出品目の価格低下、さらに経済運営の失敗により衰退した。政府は経済再建のため、1987年に世界銀行、IMF(国際通貨基金)の協力を得て構造調整プログラムを導入した。財政は外国の援助に大きく依存しており、他方債務総額はGDPの354%(1995)と極度に高い。最貧国グループから脱出するには時間がかかるであろう。[大林 稔]

社会・文化

内陸にはプール人、マンディンゴ人、沿岸部にはバランテス人、マンジャコ人、ペペル人などが居住する。カーボベルデ人もいるが、1980年のクーデター以降帰島した者が多い。宗教は、伝統宗教とイスラム教が支配的で、キリスト教徒はわずかである。公用語はポルトガル語であるが、ポルトガル語の現地化したクリオウロが広く用いられている。出生時平均余命は43.7年(1993年、サハラ以南アフリカの平均は50.9年)と低い。また成人識字率は52.8%(サハラ以南アフリカの平均は55%)である。また1960~1993年の人口増加率は2.1%と、アフリカでは比較的低い。[大林 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ギニア・ビサウの関連キーワードスピノラ(António Sebastião Ribeiro de Spínola)カブラル(Amilcar Cabral)近・現代アフリカ史(年表)アントニオ・S. スピノラJ.B. ビエイラポルトガル領ギニアアフリカ諸言語ポルトガル革命ギニア・ビサウジガンショールギニア・ビサオL. カブラルカーボベルデギニア(国)カダ・モスト世界の国旗セネガルファリンカブラルユーロ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android