コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギボンズ ギボンズ Gibbons, Grinling

4件 の用語解説(ギボンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギボンズ
ギボンズ
Gibbons, Grinling

[生]1648.4.4. ロッテルダム
[没]1721.8.3. ロンドン
イギリスの彫刻家。『ジェームズ2世像』などの銅像もあるが,おもに木彫建築装飾によって知られる。ハンプトン宮殿の装飾,セント・ポール大聖堂の内部装飾で有名。花鳥,木の葉などをきわめて写実的に彫刻。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギボンズ
ギボンズ
Gibbons, James

[生]1834.7.23. アメリカメリーランドボルティモア
[没]1921.3.24. アメリカ,メリーランド,ボルティモア
アメリカのカトリック聖職者。ボルティモアの大司教 (1877) を経て枢機卿 (86) となり,次いでアメリカ・カトリック大学の設立に尽力,その初代総長となった。労働者に理解をもち,その運動を擁護。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギボンズ
ギボンズ
Gibbons, Orlando

[生]1583.12.25. オックスフォード
[没]1625.6.5. カンタベリー
イギリスの作曲家,オルガニスト。 1596年ケンブリッジ・キングスカレッジの聖歌隊に加わり,1605年以降王室礼拝堂のオルガニスト,23年からウェストミンスター寺院のオルガニストとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギボンズ【Orlando Gibbons】

1583‐1625
イギリスの作曲家,オルガン奏者。1596‐98年にケンブリッジのキングズ・カレッジ聖歌隊員となり,1604年ころに王室礼拝堂のオルガン奏者に就任。23年以後はウェストミンスター聖堂のオルガン奏者になった。作品には,サービス,アンセム,マドリガル,鍵盤作品,弦楽合奏曲などがあり,厳格なルネサンスポリフォニー様式を基礎としながらも,変化に富んだバロック様式への移行を感じさせるような過渡期的な時代の作風を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギボンズの関連キーワードシャイトダカンデュプレブルックナーラインベルガーイギリス組曲オルガン付きビドールピクシスディストラー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギボンズの関連情報