コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャラップ ギャラップ Gallup, George Horace

6件 の用語解説(ギャラップの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギャラップ
ギャラップ
Gallup, George Horace

[生]1901.11.18. アイオワジェファーソン
[没]1984.7.27. スイス,チンゲル
アメリカの心理学者,世論統計家。アイオワ州立大学卒業。コロンビア大学をはじめ,各地の大学でジャーナリズムを講義していたが,1932年ニューヨーク広告会社の依頼で世論調査を開始,35年アメリカ世論研究所を創設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギャラップ
ギャラップ
Gallup

アメリカ合衆国,ニューメキシコ州北西部の都市。 1880年西部方面への駅馬車の宿駅として発足,95年に石炭が発見されて発展。現在は鉄鉱石,石油の産地で,ウシ,羊毛,皮革などの集散地。インディアンの保護事務管理局がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ギャラップ(George Horace Gallup)

[1901~1984]米国の心理学者・統計学者。社会・政治・経済などの動向予測に科学的なサンプリング法を導入。1935年世論調査所を設立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギャラップ【George Horace Gallup】

1901‐84
アメリカの心理学者。アイオワ州ジェファソン生れ。アイオワ州立大学の新聞学科で教えていたが,多様な読者が新聞紙面のどこに興味をもつかについていくつかの面接調査を行い,その過程で,大量のグループの〈意見〉〈動向〉を,選び出した統計的に操作処理可能な数の標本sampleを調べることで測定する技法を開発。1935年,アメリカ世論研究所American Institute of Public Opinionを設立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ギャラップ【George Horace Gallup】

1901~1984) アメリカの心理学者・企業家。世論研究所を設立し,面接や標本抽出などの方法による世論調査を行う。その調査は「ギャラップ調査」として国際的に知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギャラップ
ぎゃらっぷ
George Horace Gallup
(1901―1984)

アメリカの世論調査家。1936年の大統領選挙ルーズベルトの当選を予想し、一躍有名になった。アメリカ世論調査所(1935設立)を通じ、半世紀にわたり、社会・政治・経済の動向を科学的なサンプリング法によって描出した。今日では世論調査は、政治家の選挙戦略から企業の製品開発まで広く利用されているが、その先駆的な役割を果たし、世界に普及させた功績は大きい。[小松原久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギャラップの言及

【世論調査】より

…そこで,少しでも正確な予測ができるよう,調査技術を改善するための努力が払われるわけである。この点でギャラップGeorge H.Gallupの功績は大きい。1935年に〈アメリカ世論調査所American Institute of Public Opinion〉を創設したギャラップは,翌36年の大統領選挙の際にわずか2000人を調査しただけでローズベルトFranklin D.Rooseveltの当選を予想し,それまで選挙予想の世界に君臨し,このときも200万余の有権者からアンケートをとってランドンAlfred M.Landonの当選を予想していたリテラリー・ダイジェスト社Literary Digestの予想を破った。…

※「ギャラップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギャラップの関連キーワードマズローメリアムアイオワティチナーラパポートジェームズランゲ説今田恵大脇義一野上俊夫ジェファソン,B.L.

ギャラップの関連情報