ギャラップ(英語表記)Gallup, George Horace

  • 1901―1984
  • Gallup
  • George Horace Gallup

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1901.11.18. アイオワジェファーソン
[没]1984.7.27. スイス,チンゲル
アメリカの心理学者,世論統計家。アイオワ州立大学卒業。コロンビア大学をはじめ,各地の大学でジャーナリズムを講義していたが,1932年ニューヨークの広告会社の依頼で世論調査を開始,35年アメリカ世論研究所を創設。同研究所の調査結果は「ギャラップ調査」と呼ばれ,特に大統領選挙の結果予測で有名。
アメリカ合衆国,ニューメキシコ州北西部の都市。 1880年西部方面への駅馬車宿駅として発足,95年に石炭が発見されて発展。現在は鉄鉱石石油産地で,ウシ羊毛皮革などの集散地インディアンの保護事務管理局がある。人口1万 9154 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1901‐84
アメリカの心理学者。アイオワ州ジェファソン生れ。アイオワ州立大学の新聞学科で教えていたが,多様な読者が新聞紙面のどこに興味をもつかについていくつかの面接調査を行い,その過程で,大量のグループの〈意見〉〈動向〉を,選び出した統計的に操作処理可能な数の標本sampleを調べることで測定する技法を開発。1935年,アメリカ世論研究所American Institute of Public Opinionを設立。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1901~1984 アメリカの心理学者・企業家。世論研究所を設立し、面接や標本抽出などの方法による世論調査を行う。その調査は「ギャラップ調査」として国際的に知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの世論調査家。1936年の大統領選挙でルーズベルトの当選を予想し、一躍有名になった。アメリカ世論調査所(1935設立)を通じ、半世紀にわたり、社会・政治・経済の動向を科学的なサンプリング法によって描出した。今日では世論調査は、政治家の選挙戦略から企業の製品開発まで広く利用されているが、その先駆的な役割を果たし、世界に普及させた功績は大きい。[小松原久夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(George Horace Gallup ジョージ=ホレース━) アメリカ合衆国の世論調査家。ギャラップ世論調査所を一九三五年設立し、米大統領選挙の予測をはじめ各種世論調査を行なう。(一九〇一‐八四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1901〜84
アメリカの世論調査の創始者
1935年に世論調査所を設立し,36年の大統領選挙で F.ローズヴェルトの当選を予測し,名声を得た。ランダム−サンプリング方法という科学的方法を用い,以後の世論調査方式の先鞭 (せんべん) となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のギャラップの言及

【世論調査】より

…そこで,少しでも正確な予測ができるよう,調査技術を改善するための努力が払われるわけである。この点でギャラップGeorge H.Gallupの功績は大きい。1935年に〈アメリカ世論調査所American Institute of Public Opinion〉を創設したギャラップは,翌36年の大統領選挙の際にわずか2000人を調査しただけでローズベルトFranklin D.Rooseveltの当選を予想し,それまで選挙予想の世界に君臨し,このときも200万余の有権者からアンケートをとってランドンAlfred M.Landonの当選を予想していたリテラリー・ダイジェスト社Literary Digestの予想を破った。…

※「ギャラップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギャラップの関連情報