コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギユビック Guillevic, Eugène

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギユビック
Guillevic, Eugène

[生]1907.8.5. モルビアン,カルナック
[没]1997.3.20. パリ
フランスの詩人。大蔵省,建設省などに勤務。 35歳のとき処女詩集『水と陸の世界』 Terraqué (1942) を発表,次いで『執行命令』 Exécutoire (47) などを出版。具象的で極度に凝縮された詩句と短く刻まれたリズムで事物の沈黙と世界の神秘への畏怖を歌う。 1950年代には極左の戦闘的文学への急激な傾斜がみられ,散文的で雄弁な『31編のソンネ』 Trente et un Sonnets (54) などを発表したが,やがて以前のスタイルに戻り『カルナック』 Carnac (61) ,『球園』 Sphère (63) ,『とともに』 Avec (66) などを発表。苦悶を克服して真の存在,人間同士の真の連帯に向って歩もうとする力強い意志が示されている。ほかに『夜』 Nuit (83) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギユビック
ぎゆびっく
Eugne Guillevic
(1907―1997)

フランスの詩人。故郷ブルターニュの荒涼たる自然を極度に凝縮された語法で語る詩集『水陸』(1942)で注目される。雄弁や叙情を排し、簡潔な表現によって事物の本質に迫る独得の詩境を開いた。一時は共産主義者としての政治的信条を盛り込んだ作品を書いたが、その後は当初の作風に戻った。ほかに『カルナック』(1961)、『仕切壁』(1971)、『領地について』(1977)、『詩法』(1990)などがある。[田中淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギユビックの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇ドキュメンタリー映画

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android