コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギユビック ギユビック Guillevic, Eugène

2件 の用語解説(ギユビックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギユビック
ギユビック
Guillevic, Eugène

[生]1907.8.5. モルビアン,カルナック
[没]1997.3.20. パリ
フランスの詩人。大蔵省建設省などに勤務。 35歳のとき処女詩集『水と陸の世界』 Terraqué (1942) を発表,次いで『執行命令』 Exécutoire (47) などを出版。具象的で極度に凝縮された詩句と短く刻まれたリズムで事物の沈黙と世界の神秘への畏怖を歌う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギユビック
ぎゆびっく
Eugne Guillevic
(1907―1997)

フランスの詩人。故郷ブルターニュの荒涼たる自然を極度に凝縮された語法で語る詩集『水陸』(1942)で注目される。雄弁や叙情を排し、簡潔な表現によって事物の本質に迫る独得の詩境を開いた。一時は共産主義者としての政治的信条を盛り込んだ作品を書いたが、その後は当初の作風に戻った。ほかに『カルナック』(1961)、『仕切壁』(1971)、『領地について』(1977)、『詩法』(1990)などがある。[田中淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギユビックの関連キーワードケビアンモルダビアセルビアモンテネグロビアンカゼルビアビアンテさるびあ丸セルビアン・トリコロール・ハウンドルビア語ペルビアン・ステッパー種 (Peruvian Stepper)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone