ギンパラ(英語表記)Lonchura malacca; tricolored munia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンパラ
Lonchura malacca; tricolored munia

スズメ目カエデチョウ科。かつてはキンパラと同種と考えられていたが,今日では別種とされている。全長 12cm。頭部は黒く,背,,尾は褐色。胸と脇は白く,褐色のキンパラとはこの点で容易に区別できる。腹部は黒い。と脚は鉛色。インド中部,南部,スリランカから中国南部,東南アジアにかけて広く分布し,おもに湿原に生息する。日本にも輸入されてよく飼われている。飼鳥が逃げ出し,野生化した鳥が本州九州地方沖縄諸島のアシ原などで記録され,少数だが繁殖記録もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンパラ
ぎんぱら / 銀腹
black-headed munia
[学]Lonchura malacca

鳥綱スズメ目カエデチョウ科の鳥。同科キンパラ属34種中の1種。キンパラ属は一般に性質穏和で、嘴(くちばし)は厚くずんぐり形であり、色彩はじみで多くは栗(くり)色を基調としている。草本の種子、穀物のほか、昆虫なども食べる。ギンパラは中国南部、インド、スリランカ、インドシナ半島、大スンダ列島、ボルネオ島、フィリピン、スラウェシ(セレベス)島などに広く分布し、地域的色彩の変化が多く10亜種に分類される。
 日本に輸入されてなじみの多い亜種はギンパラとキンパラとである。亜種のギンパラは全長約11センチメートル。頭部から上背、上胸にかけて黒色、以下は濃い栗褐色、腹部が黒色であることはキンパラに酷似するが、下胸部とわきの白色が異なる。分布は狭く、ネパール低地、インド半島、スリランカである。一方、亜種のキンパラは、大きさ、色彩はギンパラに似るが、わき、下胸の白色部がなく、腹から下尾筒にかけて濃黒褐色を帯びるか、または黒色である点が異なる。中国南部、ネパール東部低地、インド東部、バングラデシュなどに分布する。いずれも日本には古くから輸入され、観賞用として飼育されてきた。じょうぶな鳥であるから野生化するものが多く、局地的ではあるが湿地の丈の高い草原で繁殖するものが少なくない。本州中部地方以南での営巣期は9月上旬ないし11月中旬で、この間は繁殖地に集結するが、繁殖を終わるとほかの地へ移動する習性がある。そのほかの亜種としては、台湾産のタイワンキンパラが1935年(昭和10)ごろまで東京、神戸あたりの小鳥店にみられたが、近年はみられない。ジュウシマツの原種であるコシジロキンパラL. striataは同属であるが、ネパール、インド、スリランカ、中国南部、台湾などに分布する別種である。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギンパラの言及

【キンパラ(金腹)】より

…体は暗褐色で,頭頸(とうけい)部と下腹部が黒く,くちばしは灰青色である。よく似ていて腹部が白く,下腹部が黒いものをギンパラ(銀腹)(イラスト)というが同種の別亜種である。キンパラは中国南部からヒマラヤ,インドに分布し,ギンパラはインド中南部からスリランカに分布している。…

※「ギンパラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android