コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインシー Quincy, Josiah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クインシー
Quincy, Josiah

[生]1772.2.4. マサチューセッツ,ブレイントリー
[没]1864.7.1. ボストン
アメリカの政治家,教育者。 1805~13年連邦下院議員。連邦派に属した。 20年マサチューセッツ州議会下院議長。 23~27年ボストン市長となり,市政改革を実施。 29~45年ハーバード大学総長,法学部を再編成し,法律教育を強化した。主著『ハーバード大学史』 The History of Harvard University (2巻,1840) 。

クインシー
Quincy

アメリカ合衆国,イリノイ州中西部の都市。セントルイスの北西約 190km,ミシシッピ川沿岸に位置する。 1822年入植。当時シカゴに次いで大きく,河港都市として繁栄したが,鉄道交通時代の到来によって衰えた。現在は農機具,工業機械,自動車部品などの生産が盛ん。人口3万 9681 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クインシー
くいんしー
Quincy

アメリカ合衆国、マサチューセッツ州東部、ボストン湾に臨む都市。人口8万8025(2000)。クインジーともよばれる。ボストン市南郊の住宅都市であるほか、工業も盛んである。とくに1750年以来花崗(かこう)岩の産地として知られ、この採掘のために1826年には合衆国最初の鉄道が敷かれている。第一次、第二次世界大戦中に隆盛となった造船業は現在も同市の中心産業である。1634年ピューリタンによって創設され、製鉄の町として発達、第2代大統領ジョン・アダムズ、第6代大統領ジョン・クインシー・アダムズの生誕地としても知られる。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クインシーの関連キーワードアダムズ(John Adams、アメリカ合衆国第2代大統領)ジェローム・C. リチャードソンアンソニー・ロバート オルテガハービー(Jr.) メーソンG.J.バディ カトレットウィー・アー・ザ・ワールドクエンティン ジャクソンペン・オブ・クインシーハリー ルーコフスキードクター刑事クインシーフィル アップチャーチオスカー ブラッシャーマイケル ジャクソンコーネル デュプリージャック クラグマンブリット ウッドマンレス(Jr) スパンワー・ワー ワトソンアリフ マーディンシャーリー ホーン

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クインシーの関連情報