コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインシー クインシー Quincy, Josiah

3件 の用語解説(クインシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クインシー
クインシー
Quincy, Josiah

[生]1772.2.4. マサチューセッツ,ブレイントリー
[没]1864.7.1. ボストン
アメリカの政治家,教育者。 1805~13年連邦下院議員。連邦派に属した。 20年マサチューセッツ州議会下院議長。 23~27年ボストン市長となり,市政改革を実施。 29~45年ハーバード大学総長,法学部を再編成し,法律教育を強化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クインシー
クインシー
Quincy

アメリカ合衆国イリノイ州中西部の都市。セントルイスの北西約 190km,ミシシッピ川沿岸に位置する。 1822年入植。当時シカゴに次いで大きく,河港都市として繁栄したが,鉄道交通時代の到来によって衰えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クインシー
くいんしー
Quincy

アメリカ合衆国、マサチューセッツ州東部、ボストン湾に臨む都市。人口8万8025(2000)。クインジーともよばれる。ボストン市南郊の住宅都市であるほか、工業も盛んである。とくに1750年以来花崗(かこう)岩の産地として知られ、この採掘のために1826年には合衆国最初の鉄道が敷かれている。第一次、第二次世界大戦中に隆盛となった造船業は現在も同市の中心産業である。1634年ピューリタンによって創設され、製鉄の町として発達、第2代大統領ジョン・アダムズ、第6代大統領ジョン・クインシー・アダムズの生誕地としても知られる。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クインシーの関連キーワードマサチューセッツ湾植民地マサチューセッツマサチューセッツ・アベニュー・モデル(Massachusetts avenue model)マサチューセッツ州庁舎Seven Sistersマサチューセッツ教育法マサチューセッツ工科大学クレスジ講堂マサチューセッツ族《マサチューセッツの解放》マサチューセッツ養子法

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クインシーの関連情報