コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサヒバリ クサヒバリParatrigonidium bifasciatum

3件 の用語解説(クサヒバリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサヒバリ
Paratrigonidium bifasciatum

直翅目クサヒバリ科。体長6~8mm。体は淡褐色で黒褐色の斑紋をもち,後肢腿節に2黒条がある。触角は非常に長く,前胸は前方にせばまる。雄の前翅は楕円形で数個の黒褐色斑があり,大きな発音器がある。成虫は8月頃から現れ,低木上にすむ。雄は昼間から「ちりりり」と高い連続音で鳴き,草間のヒバリにたとえられる。鳴く虫として市販されることもある。本州,四国,九州,台湾,朝鮮半島に分布する。 (→直翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クサヒバリ

直翅(ちょくし)目コオロギ科の昆虫の1種。体長8mm内外,薄茶色。暖地の種類で,本州,四国,九州,朝鮮,中国大陸,台湾に分布。卵で越冬し,成虫は年1回8〜10月に現れ,低木上でフィリリリ……と美しい声で鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサヒバリ
くさひばり / 草雲雀
[学]Paratrigonidium bifasciatum

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ上科クサヒバリ科に属する昆虫。黄褐色の淡い小形のコオロギで、体や脚(あし)などに黒褐色の筋(すじ)やまだらがある。雄は美しい鳴き声を発するので、古くから鳴く虫の一つに数えられ、虫屋でも珍重される。クサヒバリとは、草の間にすむ虫ながら、その鳴き声が鳥のヒバリに比肩できるほどのものだという意。体形はマダラスズ型であるが、触角や後ろ脚ははるかに長い。体長は6~8ミリメートル。頭部複眼間の横縞(よこじま)、前胸背板に点と横縞の黒褐色部がある。前胸背板には剛毛が生えている。雄の前翅は楕円(だえん)状をしており、数個の黒褐色斑(はん)があり、発音鏡は幅広く、斜状脈は1本。また前翅の側部には雌雄とも太い縦帯がある。後ろ脚の腿節(たいせつ)は細長く伸び、その脛節(けいせつ)も長く、針のように細い。雌の産卵管は剣状で、背方に反っている。年一化性で、卵で越冬する。成虫は7月から出現し、10月までみられ、庭木や生け垣上、また林縁部のマントル植物中などに好んですみ、昼間からチリリリリ……という美しい声で鳴く。本州から台湾にかけ分布し、朝鮮半島にもいる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クサヒバリの関連キーワード8ミリ映画アカスジチュウレンジ胃洗浄イブキジャコウソウイボヤギウミホタルウリハムシウワミズザクラ映写機オサバグサ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサヒバリの関連情報