コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサヨシ (reed) canarygrass

2件 の用語解説(クサヨシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クサヨシ【(reed) canarygrass】

水辺や日当りのよい湿った草地に生えるイネ科の多年草で,草葦(くさよし)の名はヨシに比べて小型で軟らかいことをあらわしている。横にはった地下茎があって,茎はまばらに群生し,直立して高さは1m以上ある。葉は幅広い線形で,長さ20cm弱,幅は1cmくらいで,白っぽい緑色をしている。5~6月に,長さ15cmほどの細めで密な円錐花序を立て,長さ5cm余りの枝は開花時に多少斜開するほかは主軸に並んで立ち,小穂が密生するから,花序はほとんど円柱状に見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサヨシ
くさよし / 草葦
[学]Phalaris arundinacea L.

イネ科の多年草。走出枝で地面に広がり群生する。稈(かん)は高さ0.7~1.8メートル。やや密に小穂をつける。小穂は一つの完全小花と、その基部の両側に鱗片(りんぺん)状に退化した2小花をもち、極端に扁平(へんぺい)となる。包穎(ほうえい)は同形同大、はるかに護穎より大きく、内折して、竜骨(りゅうこつ)上に翼をもつ。北海道から九州の水辺や湿地に群生し、北半球の温帯に広く分布する。葉に白い縦の筋(すじ)のある品種をリボングラスとよび、観賞用に栽培される。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサヨシの関連キーワード梅鉢草歌仙草鷺草雀の稗鼠の尾日照子犬粟犬磚子苗大油薄日当り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone