コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジャクチョウ Inachis io

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クジャクチョウ
Inachis io

鱗翅目タテハチョウ科。前翅長 30mm内外。翅の表面は濃い赤褐色で前後翅にそれぞれ1個のクジャクの尾紋に似た紋があるのでその名がある。裏面は黒色で,樹皮様の細かい縞模様がある。前後翅とも外縁に凹凸がある。成虫は年2回出現し,成虫で越冬する。幼虫はイラクサカラハナソウホップなどの葉を食べる。中部以北の本州,北海道に産し,サハリン,朝鮮,シベリアからヨーロッパにかけて広く分布する。日本産は亜種 I. i. geishaという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クジャクチョウ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。開張55mm内外,赤茶色。クジャクの尾斑に似た模様がある。裏面は黒褐色,細い波状線が密に分布,一見樹皮に似る。北海道と,本州の寒冷地,シベリア〜ヨーロッパに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クジャクチョウ
くじゃくちょう / 孔雀蝶
peacock butterfly
[学]Inachus io

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。ヨーロッパより東アジア北部にわたってユーラシア北部に広く分布する種で、日本では本州中部地方以北の山地、北海道に産する。関東地方では山地に分布するが、早春、ときに秋季に平地に迷い出ることがある。はねの開張55ミリメートル内外。はねの表には前ばねと後ろばねの前方にクジャクの羽にみられるような目玉様の眼状紋があり、英名、和名ともにこの特徴によって名づけられている。日本では年2回の発生の場合が普通である。本州中部地方の山地では9月上旬ごろにもっとも数が多く、このころは高原のマツムシソウの花に群れることが多い。幼虫の食草はイラクサ科の各種のイラクサ類で、またアサ科のカラハナソウ、ホップなども食べる。越冬態は成虫である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クジャクチョウの関連キーワード目玉模様白水蛺蝶体色

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クジャクチョウの関連情報