コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズネツク炭田 クズネツクタンデン

百科事典マイペディアの解説

クズネツク炭田【クズネツクたんでん】

ロシア中部のクズネツク盆地にある,ロシア有数の炭田。クズバスとも称される。西シベリアケメロボ,ノボシビリスク両州,アルタイ地方にまたがる。埋蔵量は約8000億t。
→関連項目シベリア炭田プロコピエフスクロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クズネツクたんでん【クズネツク炭田 Kuznetsk】

ロシア中部のクズネツク盆地にあり,ドネツ炭田と並び称される大炭田。クズバスKuzbassとも称されるが,その場合は炭田を中心として発展した重化学工業地帯を称することが多い。西シベリアのケメロボ,ノボシビルスク両州とアルタイ地方にまたがる。クズネツク盆地はカンブリア紀末期に形成され始めた面積約7万km2の大型盆地で夾炭層は約2万7000km2に及ぶ。最初に夾炭層が生じたのはデボン紀中期であるが,主夾炭層は石炭系からジュラ系に堆積した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クズネツクたんでん【クズネツク炭田】

ロシア連邦、西シベリアの南部にある炭田。良質の粘結炭を産出。付近にノボシビルスク・ノボクズネツクなどの工業都市がある。別名、クズバス炭田。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クズネツク炭田
クズネツクたんでん

クズバス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クズネツク炭田
くずねつくたんでん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クズネツク炭田の関連キーワードレーニンスク・クズネツキーアンジェロ・スジェンスククズネツキーアラタウ山脈アンジェロスジェンスクレニンスククズネツキーメジドゥレチェンスクスベルドロフスク州ノボクズネツクキセリョフスクグリエフスクサライル高地オシンニキケメロボ州ドンバスベローボ粘結炭オビ川ベロボトプキユルガ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android