コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クックスハーフェン Cuxhaven

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クックスハーフェン
Cuxhaven

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州,エルベ河口左岸にある港湾都市。ドイツ有数の漁港であるとともに,ハンブルクの外港をなし,またフリージア諸島ヘルゴラント島などへの近海航路の発着港でもある。付近の海岸は夏季の保養地として知られ,温泉もあり,旅行客が多い。工業には造船,水産加工がある。付近には博物館のある 14世紀の古城リッツェビュッテル,ドイツ海岸最古の 14世紀の灯台がある。人口5万 6090 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クックスハーフェン
くっくすはーふぇん
Cuxhaven

ドイツ北部、ニーダーザクセン州、エルベ川河口の左岸にある港湾都市。ハンブルクから約100キロメートル下流に位置する。人口5万3400(2000)。ブレマーハーフェンに次ぐドイツ屈指の漁港をもち、近代的な魚市場、出荷駅、加工工場を備えている。外国航路の客船やヘルゴラント島への定期船も発着する。近くに海水浴場が開けている。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クックスハーフェンの関連キーワードヘルゴラント[島]エルベ[川]

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android