コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマナ クマナCumaná

3件 の用語解説(クマナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマナ
クマナ
Cumaná

ベネズエラ北東部,スクレ州の州都。首都カラカスの東約 300km,カリブ海に注ぐマンサナレス川の河口からやや上流の沿岸に位置する。 1523年に建設され,ヨーロッパ人が建設した南アメリカ最古の町といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クマナ【Cumaná】

ベネズエラ東部,スクレ州の州都。人口21万2432(1990)。1520年にマンサレス川の河口に建設された南米最古のスペイン都市で,1569年までヌエバコルドバと呼ばれた。植民地時代は砂糖,コーヒーなどの熱帯性農産物が生産され,またラス・カサスが1521年にここでキリスト教に基づいた原住民の理想社会を建設しようとした。今日では,水産加工業が進出し,沖合のマルガリータ島の諸都市とともにベネズエラ漁業を担っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマナ
くまな
Cuman

南アメリカ北部、ベネズエラ北東部の港市。スクレ州の州都。人口26万9428(2000)。1520年に建設された南アメリカ最古のスペイン人の都市である。イワシ缶詰工場があり、コーヒーとカカオの輸出港でもある。北方のマルガリータ島へフェリーボートが発着する。アヤクーチョ戦争(1824)を記念する博物館サン・アントニオ城は訪問者が多い。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクマナの言及

【ラス・カサス】より

…その中で黒人奴隷の導入を勧告したが,これはずっとのちに反省,撤回した。19年にはスペイン人農夫,兵士およびインディオの共存共栄を目的とする植民案を国王に提出し,翌20年から21年にかけてクマナ地方(現,ベネズエラ北岸)で計画を実行に移すが,難破,農夫の逃亡,兵士の離散など悪条件が重なり,計画は完全に失敗した。のち,イスパニオラ島のドミニコ会修道院に入り,24年ドミニコ会修道士となる(〈第2回目の回心〉)。…

※「クマナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマナの関連情報