コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモハゼ Bathygobius fuscus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモハゼ
Bathygobius fuscus

スズキ目ハゼ科。全長 8cmになる。体形はハゼ形。胸鰭上部の軟条は遊離している。腹鰭は吸盤状になっている。インド洋,太平洋の亜熱帯および熱帯域に広く分布する。日本では千葉県以南の太平洋岸に分布が知られる。岩礁性の海岸の潮だまりなどでよく見かけられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモハゼ
くもはぜ / 雲沙魚
brown goby
[学]Bathygobius fuscus

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する海水魚。暗灰色の地色に暗褐色の不規則な斑紋(はんもん)がある。左右の腹びれは合一して杯状をなし、大きい。全長9センチメートルに達する。千葉県および長崎県以南の日本各地に分布。外海性の海岸の潮だまりや浅所で、単独で底生生活を送る。エビ、カニ、巻き貝などの小動物を食べる。産卵期は夏季で、石の下面に卵塊を産み付け、雄親魚がそれを守る。仔魚(しぎょ)は7ミリメートルほどの大きさまで浮遊生活を送る。同属の魚は世界の亜熱帯から熱帯域にかけて広く分布し、日本からも6種類が知られている。[道津喜衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クモハゼの関連キーワード製材アンズタケ(杏茸)インコアナナスカラッパガンゼキラングリスボックシメジ(占地)内印ナメコ(滑子)ヒエガエリ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android