コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラビホ Ruy González de Clavijo

世界大百科事典 第2版の解説

クラビホ【Ruy Gonzaléz de Clavijo】

?‐1412
中央アジア旅行記を残したスペインの騎士,侍従。1403年5月,エンリケ3世の派遣した対ティムール朝使節団の団長としてカディスのサンタ・マリア港を出発,04年9月,サマルカンドでティムールに会見,06年3月,サン・ルーカル港に帰着。帰国後,旅行中の見聞を記した《偉大なるタモルランの生涯と所業》を著す。その詳細かつ正確な記述によって15世紀初頭の中央アジア研究のための第一級史料とされている。【間野 英二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クラビホ【Ruy González de Clavijo】

?~1412) スペインの廷臣。エンリケ三世の使節としてチムール帝国を訪れる。見聞記「チムール帝国紀行」は最盛期のサマルカンドの姿を伝える。 R =ゴンサレス=デ=クラビホ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラビホ
くらびほ
Ruy Gonzlez de Clavijo
(?―1412)

スペインの廷臣。14世紀末から15世紀初め、ヨーロッパ諸国を脅かしていたオスマン・トルコに対し、新興のティームールが東方から迫っていた。当時カスティーリャとレオンの国王エンリケ3世は、このティームールとの提携を考え、使節団をティームールのもとに派遣することとし、団長に侍従クラビホを任命した。一行は1403年5月に出発し、コンスタンティノープルを経て翌年9月にサマルカンドでティームールに会い、同地に3か月滞在後、帰路についた。途中タブリーズに長期滞在し、06年3月セビーリャに帰着した。帰国後、クラビホが書いた見聞記(Historia del Gran Tamerln)には、当時東方世界の一大中心都市サマルカンドのようす、ティームール帝国の内部事情、コンスタンティノープルにおけるキリスト教史跡、帰国の途中で見聞したティームール死後における帝国内の混乱ぶりなど、貴重な記録が盛られている。[海老澤哲雄]
『クラビホ著、山田信夫訳『チムール帝国紀行』(1967・桃源社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クラビホの関連キーワードゴンザレスデクラビホテヘラン鉄門関

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android